笑福亭仁嬌

必殺技やあ~落語とプロレス~笑福亭仁嬌

プロレスは相手からの技を受けた上で、耐えて耐えて反撃をする。人生哲学にも通じるプロレスには、技がたくさんあります。その中でも「必殺技」と呼ばれるものは最上級の技といえるでしょう。 その必殺技について、笑福亭仁嬌師匠につづっていただき...
笑福亭鶴光

⑩無礼講~師匠六代目笑福亭松鶴とわたし~笑福亭鶴光

ドラマ『どてらい男(やつ)』の出演が決まった六代目笑福亭松鶴師匠。上機嫌で出前を取ることになりました。その時、鶴光師匠が六代目笑福亭松鶴師匠から教わったこととは? ほっこり温かい気持ちになって、前向きになれると大好評、笑福亭鶴光師匠...
桂米左

⑦稽古~師匠桂米朝と過ごした日々~桂米左

桂米左師匠による米朝師匠との思い出コラム第7回です。今回は米朝師匠の稽古についてつづっていただきました。 現代はネタを録音して稽古をすることもありますが、米左師匠の修業時代は…。一緒に稽古をしているつもりで読むと、胃がキリキリしてき...
広告
桂春若

⑦神戸柳笑亭、その1~師匠三代目桂春団治と見た風景~桂春若

大阪市中央区東心斎橋で昭和47年2月に誕生した落語の定席「島之内寄席」。長らく落語専門の定席が大阪になかったため、落語家悲願ともいえる定席でした。 そして、同じ年の11月神戸で新たな寄席が誕生します。その寄席こそ「神戸柳笑亭(こうべ...
桂枝女太

⑥しくじり~師匠五代目桂文枝と歩んだ道~桂枝女太

新人は失敗がつきもの。失敗を繰り返して成長をしていきます。当然、落語家も入門したての弟子は失敗だらけ。今では考えられませんが、桂枝女太師匠もそうだったとのこと。 一般的な会社勤めと違うのは、こんなことも失敗つまり「しくじり」になると...
コラムの書き方

起承転結をつける~自分でもコラムを書いてみよう

起承転結という言葉は、みなさんご存知だと思います。文章を書く上での構成で一般的なものです。起承転結がついていれば、とても読みやすい文章になりますよ。 裏を返せば、起承転結がついていない文章は読んでいて単調で面白くないのです。そうなる...
笑福亭里光

ほな次は?~上方落語家、東京で修業する~笑福亭里光

笑福亭鶴光師匠に弟子入りのお願いにうかがった若き日の里光師匠。入門を許されたのか否か分からないまま、浅草演芸ホールの楽屋を訪ねることになりました。そして、そこで起きたのは…。 何だか不思議な師弟(仮?)の掛け合いがとても微笑ましい、...
マグナム小林

高校3年生~マグナム小林の二死満塁!~マグナム小林

お待たせしました。大好評!野球談議のマグナム小林先生の第5回目です。今回は高校野球について。本来なら夏の高校野球大会で盛り上がってる時期ですが、今年は開催の自粛が発表されました。 そんな自粛中に出来る事はなんなのか!?これからの高...
笑福亭鶴光

師匠六代目笑福亭松鶴とわたし~⑨言い訳~笑福亭鶴光

ドラマ『どてらい男(やつ)』の出演オファーがあった六代目笑福亭松鶴師匠。高座一筋の六代目笑福亭松鶴師匠は断ると思いきや、二つ返事で快諾です。その時、そばにおられた若き日の笑福亭鶴光師匠に松鶴師匠は出演を決めた理由を話してくださったそうです...
桂米左

⑥内弟子~師匠桂米朝と過ごした日々:桂米左

落語家の修業といえば、内弟子が当たり前の時代もありました。しかし、現代で内弟子修業を経験している落語家はほとんどおられません。 桂米左師匠は米朝師匠のもとで内弟子修業を送った、今では珍しい落語家です。さて、どのようなものだったのでし...
広告