笑福亭仁嬌

スポンサーリンク
寄席芸人コラム

ウォリアーズやあ~落語とプロレスの話:笑福亭仁嬌

かつてのスター選手の訃報。それは50年来のプロレス愛好家である笑福亭仁嬌師匠の胸を痛ませるものでした。そのスター選手とは、アニマル・ウォリアー。彼の輝いていた日々を振り返り、死を悼みます。 あの日のアニマル・ウォリアーの雄姿を瞼の裏...
寄席芸人コラム

ニックネームやあ ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

キャラクター付けするためにニックネームをつけることがあります。プロレスラーにもバラエティー豊かなニックネーム、二つ名があるよう。あなたはいくつ知っていますか? 落語家のニックネームといえば、極楽座に旅立たれた桂文紅師が「エチオピアの...
寄席芸人コラム

必殺技やあ~落語とプロレス~笑福亭仁嬌

プロレスは相手からの技を受けた上で、耐えて耐えて反撃をする。人生哲学にも通じるプロレスには、技がたくさんあります。その中でも「必殺技」と呼ばれるものは最上級の技といえるでしょう。 その必殺技について、笑福亭仁嬌師匠につづっていただき...
寄席芸人コラム

落語とプロレス~反則を楽しむ~笑福亭仁嬌

上方落語界でプロレスマニアといえば、笑福亭仁嬌師匠です。小学6年生のころにお母さんから贈ってもらった誕生日プレゼントは秋田書店『プロレス入門』。今も大切に笑福亭仁嬌師匠が持っておられるこの本には、実は続刊が出ていたそう。 今回は『続...
寄席芸人コラム

落語とプロレス~白黒テレビとプロレス入門~笑福亭仁嬌

落語家にプロレスファンは多いのですが、その中でも笑福亭仁嬌師匠は50年以上にわたるプロレス愛好家です。上方演芸界で「プロレスファンといえば?」と質問をしたら、恐らく一番に名前が挙がるほど。 その仁嬌師匠にプロレスとの出会いを振り返っ...
スポンサーリンク