笑福亭仁嬌

笑福亭仁嬌

稽古やあ・その2~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

笑福亭仁嬌師匠の師匠、笑福亭仁鶴師匠は売れっ子。ですから、お稽古の時間がなかなか取れなかったのだそう。忙しい中、お稽古をつけていただいたことは大切な思い出になっているとのこと。その時の思い出をつづっていただきました。 笑福亭仁鶴師匠...
笑福亭仁嬌

師匠の稽古やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

令和3年8月17日、笑福亭仁嬌師匠の師匠、笑福亭仁鶴師匠が極楽座へ旅立たれました。笑福亭仁嬌師匠が入門されて44年、たくさんの思い出があるそうです。 今回は笑福亭仁鶴師匠のお稽古についてつづっていただきました。初めてのお稽古は突然だ...
笑福亭仁嬌

グループ寄席あつめやあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

グループ寄席あつめをご存知でしょうか?昨年亡くなられた四代目旭堂南陵先生が設立され、各地に地域寄席が設立されるきっかけともなった集まりです。笑福亭仁嬌師匠もメンバーで、各地の地域寄席にご出演なさったのだそう。 その時の想い出を、笑福...
広告
笑福亭仁嬌

プロレスに名言はつきもの!週刊ファイトの井上編集長の名言とは?~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスとはいったい何なのか?それを端的に表した言葉があるとのこと。それは、今は亡き『週刊ファイト』井上編集長の言葉。50年来のプロレスファン・笑福亭仁嬌師匠をうならせるものだったのだそう。その言葉とは…。 笑福亭仁嬌師匠のプロレス...
笑福亭仁嬌

初舞台やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

初舞台は人生で一度きりのもの。笑福亭仁嬌師匠ももちろん経験しておられます。その記念すべきデビュー戦の思い出をつづっていただきました。 笑福亭仁嬌師匠が20歳ころで、今から40年ほど前のお話です。あなたはそのころ、何をしていましたか?...
笑福亭仁嬌

芸名やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

落語ブームのころ、トップを走り続けていた笑福亭仁鶴師匠。その笑福亭仁鶴師匠に弟子入り志願をしたのが、高校生の岡塚少年。のちの笑福亭仁嬌師匠です。入門の際のエピソードはこちらから。 入門を許されると、いよいよ弟子修行が始まります。同期...
笑福亭仁嬌

入門やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスを愛して50余年の笑福亭仁嬌師匠。落語家になっては44年です。リングと座布団という四角いジャングルで戦うのは、同じではないでしょうか。 今回は四角いジャングルの一つ「座布団」の上に乗るまでの経緯を、笑福亭仁嬌師匠につづってい...
笑福亭仁嬌

タイトルやあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスで「タイトル」といえば、タイトルマッチのこと。チャンピオンと挑戦者による対戦です。これにより新しいチャンピオンが誕生するかもしれない、いやいやチャンピオンは不動だと、ファンも選手も高揚感が増すもの。 笑福亭仁嬌師匠も同じく高...
笑福亭仁嬌

夢の対決やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

ドリームマッチはどの世界でも心躍るもの。笑福亭仁嬌師匠もドリームマッチに胸弾ませたのだそう。笑福亭仁嬌師匠がワクワクしたのは、もちろんプロレスのドリームマッチです。リングに上がる前からドリームマッチは始まっていたそうですよ。 元気が...
笑福亭仁嬌

入場曲やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

落語家は高座に上がる際に「出囃子」がありますよね。プロレスも同じく入場曲でリングに上がります。笑福亭仁嬌師匠はプロレスの入場曲にも、多くの思い出があるようです。リングの彩りの一つ入場曲。音楽を耳にすると、あの頃がありありと思いだされます。...
広告