エッセイ

笑福亭羽光

アニサキス怖いが海産物を食い続ける~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

日本で暮らしていて良かったと思える瞬間のひとつに、海産物を生で食べられる時が挙げられるのではないでしょうか。笑福亭羽光師匠もまた、海産物を好んで召し上がっておられるのだそう。でも心配なのが寄生虫です。 それでも果敢に挑む笑福亭羽光師...
笑福亭羽光

かつて珍来という店が尾久にあり僕らは落語会した~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

落語家の仕事場は演芸場だけではありません。公民館や時には料理屋も会場になります。専用の会場でない分、手作りの温かみがあり思い出に残りやすいものです。笑福亭羽光師匠にも思い出に残る会場があるのだそう。振り返っていただきました。 笑福亭...
笑福亭羽光

相談出来ない老人と新興宗教~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

安倍元首相が暗殺され、にわかに注目されるようになったカルト宗教。自分はこんなものに引っ掛からないと思っていても、案外身近にあるものです。笑福亭羽光師匠もそう感じることがあったのだそう。詐欺にも思えるカルト宗教の勧誘に引っ掛かる人は、あるこ...
広告
桂三実

後輩に稽古~名古屋から大阪にやって来ました:桂三実

桂三実さんの野望をつづるエッセイ、『名古屋から大阪にやって来ました』。今回の野望は「後輩に稽古」なのだそう。でも、稽古をつけられるほど上手になりたい、というわけではないと桂三実さんは言います。さて、真の目的は? この野望が叶う日が訪...
笑福亭羽光

平和ボケした落語家の幼少期~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

2020年初旬より始まったコロナ禍により、生活は一変。しかも今年の2月から始まったロシアによるウクライナ侵攻により、日本人の暮らしは一層辛いものになってきました。こちらについて笑福亭羽光師匠がご自身の考えをつづってくださいました。幼少期の...
笑福亭羽光

延長線上の人生~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

年齢を重ね若いころと変わったと思っていても、実はあの頃と変わらないと気付く瞬間はないでしょうか。笑福亭羽光師匠は、そう感じた瞬間が先日あったのだそう。それは日本海側にある3県を巡っている最中に訪れたといいます。さて、どんなシチュエーション...
笑福亭羽光

寄席の楽屋で美人女性前座の前で着替える瞬間~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

昨今、フェミニズムの声が大きい社会になっており、それは演芸界も例外ではないのだそう。そのことについて笑福亭羽光師匠はこのように考えておられるよう。それは…。 誰もが優しい気持ちで過ごせるのは理想ですが、そのために窮屈な思いをしないよ...
桂三実

名びらで歓声~名古屋から大阪にやって来ました:桂三実

桂三実さんに寄席つむぎでは「夢」をつづっていただいています。今回の夢は、名びらをめくるだけで歓声が上がること。有名人と交際するより現実的な夢です。この桂三実さんの夢が叶うよう、寄席つむぎは応援していきたいと考えています。 桂三実さん...
桂三若

老人ホーム奇譚~噺を肴にもう一杯!:桂三若

桂三若師匠の大爆笑エッセイ第9回の公開です!今回は老人ホームでの出来事にフューチャーしていただきました。お年寄りが穏やかに過ごしている場所だと思いきや、桂三若師匠は色々な出来事を経験されておられるよう。それは…。 今回も抱腹絶倒間違...
笑福亭羽光

落語家の家族の介護問題~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光師匠は今年50歳。親御さんも高齢になっておられます。そうなると避けて通れないのが介護問題です。落語家といえ逃れられないもの。 さて笑福亭羽光師匠はこの問題に、どう向き合っておられるのでしょうか?実親でなく義理の両親だった場...
広告