広告

【取材記事】第86回ヨセゲー「怪談噺の会」レポート


▲お問い合わせはこちらから▲

本の街・神保町にある「らくごカフェ」。らくごカフェでは毎日、落語にまつわる様々なイベントが開催されています。
「ヨセゲー」もそのひとつ。毎月、三遊亭遊喜師匠・春風亭伝枝師匠・柳亭芝楽師匠・笑福亭里光師匠を中心としたメンバーが集結、様々なテーマのもとに興行を重ねています。

さて、夏といえば、花火にお祭り、そしてなんと言っても「怪談噺」!
ということで、第86回ヨセゲーは「怪談噺の会」です。今回は、講談師の田辺凌鶴先生もご出演。
新盆と旧盆の合間の8月4日、東京の酷暑を吹き飛ばすような怪談噺で、ひんやり涼んできました。

広告

にぎやかに、静かに。「恐怖」もいろいろ

まずは、三遊亭遊喜師匠の『皿屋敷』。

「ヨセゲー」で怪談噺をやろうとなったとき、まず「俺たち、無理だな」と言ったのが、遊喜師匠と芝楽師匠だったそう!
話し合いの結果、「軽い噺」をやることになったというお2人です。

さて、みなさんは、「幽霊」と「お化け」の違い、お分かりになりますか?
会場にいる女性は「みんな幽霊になれそう」とのことで、大満足!?してのスタートです。

遊喜師匠の語り口で、たくさんの見物人や、派手な演出の様子、お菊さんにどんどん興が乗ってくる姿まで想像できるから不思議です。

続いては、田辺凌鶴先生の『佐倉宗五郎』。

この日、東京は夜半から、雷鳴とともに豪雨の降る、夏らしいお天気でした。
「ヨセゲー」の出演日であるこの日だけの雨に、奥様に「雨男」と評されてしまった凌鶴先生。どうして雨のお話から?と不思議でしたが……。

「ヨセゲー」開催日のこの日、夜中に突然降り出した豪雨が、講談の世界で降った雨とつながって、ゾクゾク。
凌鶴先生の静かな調子に、じわじわと客席いっぱいに恐怖が広がりました。

広告

河原に、お屋敷に、……らくごカフェに広がる景色

仲入りを挟んで、笑福亭里光師匠の『戸田の渡し〜お紺殺し』

客席を見渡して一言、「いいな」とつぶやく里光師匠。「満席を久しぶりに見た」とうれしそうです。
「ヨセゲー」の前に浅草演芸ホールでの出番があったのですが、お客さんはまばらで、反応も薄めだったそう。「怪談より現実の方が怖い……」からこその「いいな」に、こちらまでうれしくなりました。

さて、もとは講談の演目である『戸田の渡し』。幽霊の登場しない怪談です。
里光師匠からは、「『軽いのしかできない』と言って逃げた人がいる!」と、遊喜師匠と芝楽師匠に対する不満が。笑

『戸田の渡し』はこれまでやったことがなく、「凌鶴先生の前で演じるなんて緊張する」とおっしゃっていましたが、目の前に情景が広がるような里光師匠の表現力に、ため息がもれました。

続いては、柳亭芝楽師匠の『ろくろ首』。

落語に登場する「与太郎」は、ちょっと抜けたところのある人物として描かれます。芝楽師匠は今回その演技力から、与太郎に「選ばれた」とおっしゃっていましたよ。
ちなみに、そんな芝楽師匠が怖いのは「人前で私がこうやってしゃべること」だそう。

身体の使い方や首の傾け方、表情などから、目の前にろくろ首のお嬢さんがいるように錯覚してしまうのが不思議。なめるという行灯の油の味まで想像できます。
さすがの、「”選ばれた”与太郎」でした!

最後は、春風亭伝枝師匠の『怪談牡丹燈籠 お札はがし』。

伝枝師匠のお着物は夏らしく涼しげな白でしたが、牡丹燈籠が幽霊の話だと思うと、そんな演出(?)にもドキドキします。

音にすればまったく同じ、「カランコロン」という下駄の鳴る音も、場面によってまったく違うものに聞こえます。
時折挟まれるくすぐりに笑いに包まれる場内でしたが、次の瞬間にはスッと牡丹燈籠の世界に。そのギャップがまた、恐怖を呼ぶのでした。

広告

本当に怖いのは……?

全5席を聞いたあと、あらためて考えてみると、実はいちばん怖いのは「幽霊」や「お化け」ではないのでは……?とゾクリ。

また、実際に見えたり聞こえたりしなくても、これまでの経験や演者の語り口から、記憶を呼び起こしたり想像したりして、物語の世界に入り込むことができました。

「怖い」という気持ちは、五感と想像力が生み出すものなのだなあとしみじみしました。

第86回ヨセゲー「怪談噺の会」は、8月18日(木)までツイキャスでもご覧いただけます。
また、次回・第87回ヨセゲーは「古今東西新作噺」。
ぜひ、ご一緒に味わいませんか?

ヨセゲー #87【古今東西新作噺】
2022年9月8日(木)
開場:18:30 開演:19:00
当日:2000円 前売:1800円 ツイキャス配信:1500円
会場:らくごカフェ(東京都千代田区神田神保町2丁目3−5)

ツイキャス落語会 ヨセゲー#86【怪談噺の会】
https://twitcasting.tv/c:yosege/shopcart/162519
8月18日(木)までご覧になれます。

寄席つむぎでは、三遊亭遊喜師匠、春風亭伝枝師匠、笑福亭里光師匠のお3方のコラムや動画がご覧いただけます。併せてお楽しみください。

▼三遊亭遊喜師匠の最新記事

▼春風亭伝枝師匠の最新記事

▼笑福亭里光師匠の最新記事