« »
広告

2020年の成績から見た日本代表 ~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

マグナム小林
第2回寄席つむぎ落語会 8月16日(月)in門戸寄席 J:SPACE

▲ご予約おまちしています▲

▲1週間のアーカイブ付きです▲

▲お問い合わせはこちらから▲

今年は一年遅れのオリンピックイヤー。野球がオリンピック種目に返り咲き、日本代表の活躍が期待されます。さてこの日本代表、一体どの選手が選ばれるかが気になるところ。数字だけで判断するのではなく、セ・パの違いも踏まえて考えていきたいですね。選ぶのは私たちではありませんが……。

今回はマグナム小林先生に、日本代表についてつづっていただきました。マグナム小林先生はここに着目されるそうです。今回もマグナム小林先生の筆は光っています。お楽しみください!

広告

2020年の成績から見た日本代表

日本代表を決める上で、日本シリーズで見えたパとセのレベルの違いも考慮しないといけない。特に外野手に関しては、数字的には似たようなものでもパの選手を優先する。

そういう意味ではパの打率ベスト3の吉田正、柳田、近藤は絶対に外せない。左打者ばかりとかは関係ない。そんなレベルをこの3人は超越している。セでそこに割って入れそうなのはカープの鈴木くらい。

ただ内野手となると話は変わってくる。パに目ぼしい選手がいない。レギュラーになりそうなのはセカンドの浅村くらい。ファーストは村上、サードは岡本、ショートは坂本。捕手は総合力で梅野。セの選手が多数を占める。

サード、ファーストだったら大山も入れてみたい。周東は代走でなら欲しいが、やはりパワーと守備の確実性が欲しい。どこでも守れる外崎は当然、欠かせない。捕手は甲斐は打力が弱いので、森と会沢かな。

枠があるなら、近本、源田、宮崎、西川(ファイターズ)、佐野、吉川尚なども入れてみたい。

打順を組むなら、8柳田 7近藤 9鈴木 4浅村 DH吉田正 5岡本 3村上 2梅野 6坂本

邪道かもしれないが、出塁率の高い選手を1、2番と考えると柳田、近藤しかない。中軸を国際試合の経験豊富な中堅選手で固めて、6、7番の気楽なところに若い岡本、村上を入れる。この打線の味噌は9番坂本。経験豊富な坂本が9番で出塁すれば、柳田、近藤に繋がり、1、2番がポイントゲッターになれる。我ながら隙のない打線だと思うけどいかがだろうか。

投手は先発とリリーフで分けてみたい。先発は、千賀、山本、大野、菅野がエース格。あとは森下、西あたりかな。

リリーフは去年の力を見たらNO1は平良。あとは増田、森、益田、左のワンポイントなら、嘉弥真。

枠があれば、山岡、石川(ホークス)、高梨、森脇、石山、三島あたりも入れてみたい。

私ならこのメンバーだったら菅野をクローザーにしてみたい。第2回WBCのダルビッシュのように。ダルビッシュよりもメンタル強いからいけると思う。

広告

感想をお聞かせください。

今回のマグナム小林先生のコラムはいかがだったでしょうか?あなたの日本代表への想いなどお聞かせくださいね。マグナム小林先生へのリクエストも大歓迎です。

マグナム小林師匠はTwitter(https://twitter.com/mag76k)も更新中です。こちらも要チェックです!