ピックアップ!

京都で長く続く地域寄席を世話役の桂米二師匠が歴史を振り返ります

新着記事

小松左京『果しなき流れの果てに』~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
読書家の笑福亭羽光師匠。SF小説を特に好んで読まれているのだそう。今回は小松左京の『果てしなき流れの果てに』を読まれて思い出されたことについてつづっていただきました。笑福亭羽光師匠は何を思い出されたのでしょう? 今回も笑福亭羽光師匠...
佳境を迎えたペナントレース~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林
大好評、マグナム小林先生の野球コラム第38回です! 今年もペナントレースの終わりが見えてきました。そろそろ優勝チームの候補も見えてきたと思います。しかし今年は意外な結末を迎えるのでは・・・? マグナム小林先生の予想で、皆さんも...
【取材記事】第76回ヨセゲーは堀くん大活躍!
9月に入りだんだんと秋らしくなってきた東京。 緊急事態宣言の延長も決まり、雨も相まって閉塞感あるムードが漂った日になりました。 しかし、この日もらくごカフェはソーシャルディスタンスを保ちながらも多くの人々が! 先月に引き...
国立演芸場で真打披露興行~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
笑福亭羽光師匠の日常エッセイ第43回です。今回は「食」を通じて人とのつながりについてつづっていただきました。コロナで大変な飲食業界に思いを馳せる笑福亭羽光師匠、何を思われたのでしょうか? あなたはどう感じるでしょうか。お楽しみくださ...
ファンは推しに似る~露の眞のアイドル愛:露の眞
露の眞さんが大好きなアイドルはもちろん、アニメやお芝居、演芸などどの世界でもファンならではのルールが存在します。それらはいわゆる「推し」を傷つけないため、愛ゆえにできているものなんです。露の眞さんが落語ファンから言われた衝撃の質問とは一体...
全記事の閲覧ができます

オススメ

笑福亭鶴光師匠の全25回のエッセイの中で、最も反響のあった回
三代目桂春団治師匠の驚異の落語を、弟子の桂春若師匠の温かい文章でつづります
桂枝女太師匠の上方落語の未来への提言
知られざる仁鶴一門の命名方法を笑福亭仁嬌師匠が回顧
敬愛する師匠との別れを桂米左師匠が抒情的に綴ります
伝説の平成7年1月に開催された「春団治・志ん朝二人会」の思い出を

寄席つむぎの執筆者

YouTube

【雑談】一人称が「僕」という男性をどう思う?春風亭伝枝師匠とつむぎチュン【寄席つむぎ】*anke
新語「コピペ」をどう読む?東西比較!
アクセス数を上げるには?PVを増やしたい!その前に現状確認【寄席つむぎ作戦会議】

まいどなニュース


記事一覧はコチラ
寄席はオンラインでも双方向じゃないとね コロナ禍でもお年寄りを笑わせたい「いきいきオンライン寄席」の挑戦|まいどなニュース
十分にソーシャルディスタンスを保ち、いきいきオンライン寄席を楽しむお年寄り(マグナム小林先生提供) 緊急事態宣言が発出し、東京を始めほぼ全国の演芸場が休業になりました。これにより寄席芸人たちの仕事の場が失われることに。それでも立ち上...
道頓堀や新世界、梅田の道端で…公園も道路も全部「落語の稽古場」 笑福亭鶴笑一門の挑戦|まいどなニュース
コロナ禍で仕事の機会が奪われ、さらに対面での稽古も困難になっている落語家。その中でも密にならない工夫を凝らしている方がおられます。 『時うどん』を辻立ち稽古する笑福亭鶴笑師匠と弟子の笑生さん。場所は新世界 その人こそ、笑福亭鶴笑(かく...
品川駅の南なのに「北品川駅」? 下町情緒を残す江戸落語の舞台にもなった「品川宿」の今昔|まいどなニュース
JR品川駅の南側にあるのに、京浜急行電鉄「北品川駅」 大東京の玄関口のひとつ「品川駅」。その品川駅から京浜急行に乗って南下すると次の駅名が「北品川駅」です。なぜ品川の南が北品川なの?と疑問に思われるでしょう。 そもそも「品川」とは、...