ピックアップ!

京都で長く続く地域寄席を世話役の桂米二師匠が歴史を振り返ります

新着記事

松坂大輔と斎藤佑樹~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林
日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手と、メジャーリーグでも活躍された松坂大輔選手が引退をされました。甲子園を沸かせたお二方は、プロに進んだあとも何かと話題になったことは覚えておられるでしょう。 今回はマグナム小林先生にこのお二方につい...
仙台で三遊亭小笑との共同生活~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
笑福亭羽光師匠と一緒に真打昇進をされた三遊亭小笑師匠。お二方は二つ目落語家ユニット「成金」で切磋琢磨し、これからも共に伸びていく間柄。普段からとても仲が良いのだそうですが、より距離が縮まる出来事があったのだそう。それは…。 笑福亭羽...
オレンジ色とあの看板と・・・ ~鉄道写真:桂小梅
大阪市内を縦横無尽に駆け巡る鉄道。車両それぞれにストーリーがあるのだそう。その一部を撮り鉄の桂小梅さんに紹介していただきました。大阪環状線のオレンジ色の車両が引退してしまい、今回の作品はたった3年前に撮影されたものであっても、とても懐かし...
今年のNHK新人落語賞。もうすぐ先代チャンピオンになる~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
今年で8回目の開催となるNHK新人落語大賞。昨年は笑福亭羽光師匠が見事、大賞を受賞されました。あれから1年、今年もNHK新人落語大賞の季節が訪れます。昨年チャンピオンの笑福亭羽光師匠は、何を思われるのでしょうか?”先代”チャンピオンになる...
ネコチャンが来たよ!その2~猫と銭湯と私:月亭天使
前回に引き続き、愛猫マーファーちゃんとの出会いを月亭天使さんんいつづっていただいています! 動物と共に暮らす上ではペット可の物件を探す必要がありました。月亭天使さんが体験した不動屋さんはまさかの〇〇風不動産屋さん…? お楽しみ...
全記事の閲覧ができます

オススメ

笑福亭鶴光師匠の全25回のエッセイの中で、最も反響のあった回
三代目桂春団治師匠の驚異の落語を、弟子の桂春若師匠の温かい文章でつづります
桂枝女太師匠の上方落語の未来への提言
知られざる仁鶴一門の命名方法を笑福亭仁嬌師匠が回顧
敬愛する師匠との別れを桂米左師匠が抒情的に綴ります
伝説の平成7年1月に開催された「春団治・志ん朝二人会」の思い出を

寄席つむぎの執筆者

YouTube

【雑談】一人称が「僕」という男性をどう思う?春風亭伝枝師匠とつむぎチュン【寄席つむぎ】*anke
新語「コピペ」をどう読む?東西比較!
アクセス数を上げるには?PVを増やしたい!その前に現状確認【寄席つむぎ作戦会議】

まいどなニュース


記事一覧はコチラ
寄席はオンラインでも双方向じゃないとね コロナ禍でもお年寄りを笑わせたい「いきいきオンライン寄席」の挑戦|まいどなニュース
十分にソーシャルディスタンスを保ち、いきいきオンライン寄席を楽しむお年寄り(マグナム小林先生提供) 緊急事態宣言が発出し、東京を始めほぼ全国の演芸場が休業になりました。これにより寄席芸人たちの仕事の場が失われることに。それでも立ち上...
道頓堀や新世界、梅田の道端で…公園も道路も全部「落語の稽古場」 笑福亭鶴笑一門の挑戦|まいどなニュース
コロナ禍で仕事の機会が奪われ、さらに対面での稽古も困難になっている落語家。その中でも密にならない工夫を凝らしている方がおられます。 『時うどん』を辻立ち稽古する笑福亭鶴笑師匠と弟子の笑生さん。場所は新世界 その人こそ、笑福亭鶴笑(かく...
品川駅の南なのに「北品川駅」? 下町情緒を残す江戸落語の舞台にもなった「品川宿」の今昔|まいどなニュース
JR品川駅の南側にあるのに、京浜急行電鉄「北品川駅」 大東京の玄関口のひとつ「品川駅」。その品川駅から京浜急行に乗って南下すると次の駅名が「北品川駅」です。なぜ品川の南が北品川なの?と疑問に思われるでしょう。 そもそも「品川」とは、...