« »
広告

瑞風の甲種輸送 ~鉄道写真:桂小梅

桂小梅

▲お問い合わせはこちらから▲

▲猫好きの、猫好きによる、猫のための落語会▲

桂小梅さんから珍しい鉄道写真が届きました。なんとラッピングされた列車です。ラッピング列車は珍しくありませんが、これは違うのです。撮り鉄冥利につきるものではないでしょうか。

長年撮り鉄をしていると、こんな珍しい列車にも巡り会えるものなのですね。桂小梅さんの作品、ご堪能ください!

広告

瑞風の甲種輸送

“機関車が客車を牽引する”寝台特急トワイライトエクスプレスが引退して、代わりに87系気動車のトワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)が後を継ぎました。

塗装も先代と同様、グリーンのまんまで、JR西日本管内の山陰ルートもしくは山陽ルート、山陰と山陽を周遊するコースもあるそうです。

こういう車両に乗って一度は旅行してみたいけど、お値段を見ると・・・ギョギョギョ!さかな君です。

この車両が造られた場所は、神戸市兵庫区にある川崎重工と学研都市線の徳庵駅に隣接する近畿車輛。

ここは、他にも大手の私鉄や地下鉄、JR全般の車両なども造っています。

製造した車両のほとんどは、JR貨物の機関車が牽引をして、受注先の鉄道会社へ運ぶ”甲種輸送”を行うので、普段兵庫や大阪で見ることができない車両を運が良ければ見られるかも?

この日は近畿車輛から、瑞風の展望と運転席を合体した先頭車二両が製造を終わり、吹田経由で宮原支所へ輸送。

本運転開始まで”真の姿”は未公開だったのと、試運転中に塗装が汚れないようにと、黒いラッピングに覆われた姿で登場。貴重な撮影ができました!

2016年8月撮影 瑞風甲種輸送 現:南吹田駅付近