« »
広告

でんぱ組.inc~優々の音楽AtoZ:桂優々

桂優々

東京と大阪、2つの拠点を持つ落語家・桂優々さん。彼の大好評エッセイコラム第6回です。

今回のテーマはアイドル!?
意外にも邦楽一途な優々さんの知られざる一面を見せて頂いた気がしました。
やはり同じ舞台に立つ者同士通じ合う所があるのでしょうか?
それではお楽しみください。

広告

でんぱ組.inc

今日は同じく寄席つむぎでコラムを書いてる眞姉さんの領域に踏み込ませて頂きます。

昔からロキノン系ばっかり聞いてたかと言うとそうではないです。

コラム、アジカンのところでも書きましたが、大学入るまではずっとJ-POPばっかり聴いていました。
周りに合わせるようにオリコンのランキングや流行の歌を近所にレンタルしては、MDに落として何となく聴く。
だからアイドルの曲も良く聴いていました。

私が中学から高校にかけては「モーニング娘。」が大ブームで、誰が好きなど思春期の男子全開の会話を友達と繰り広げていました。

しかし大学に入ってオリコンなど全く興味なし。
自分の好きな曲を聴くようになり、
「オリコンや流行の歌ばっかり聴いてるの格好悪い。」
と訳のわからない尖り方で、知らぬ間に過去の自分を否定していました。
だからアイドルはしばらく聴いてませんでした。

再びアイドルを聴くようになったきっかけはまずAKB48です。

最初は友達の結婚式の余興でヘビーローテーションを踊る事になり振付解説付きCDを買ったのが最初でした。
流行もあり、そこからチームKを中心に、13期くらいまでほぼメンバー全員覚えていました。
人数が多いので、メンバーのキャラは面白かったのですが、曲は真剣に聴いてませんでした。
CDもヘビーローテーション以降買いませんでした。
だからあの有名な握手会も行った事がないです。

そんな日々を過ごしていた四年目か五年目のある時、大学時代の友達から仕事を貰いました。
大分のお寺で今では家を継ぎ住職になっています。
私より前からロキノン系の音楽に精通していて、大学時分は色んなアーティストを教えてくれた一人でした。

そんな友達と数年ぶりの再会で、落語会終わり飲んだり音楽の話をしていると友達がオススメしてくれたのが「でんぱ組.inc(以下でんぱ組)」です。

ロック系の夏フェスに良く出ていたので、名前は知ってましたが曲は全く聴いたことがありませんでした。

「まさかロック好きな友達がアイドルにハマるとは…」

そう思って友達が曲をかけると、友達が好きになる理由が分かりました。

今や「電波ソング」と名前がつくほどアイドルとは思えないBPMの速さとテクノとは違うピコピコ音楽、そして初見じゃ絶対聞き取れない歌詞。

家に帰ってさらに調べると曲の意味やメンバー一人一人が衝撃的なグループでした。

アイドル言えば子供の時から順風満帆、何不自由なく過ごし、ある時にオーディションやスカウトで芸能界デビューし、ステージに上がるとキラキラ笑顔、歌、踊りながらお客さんを魅了してファンの心をどんどん鷲掴みにしていく、そうやって人気を獲得していくものだと思っていました。

ところがでんぱ組は違いました。

ステージに上がってからは一緒なのですが、アイドルになる過程が全然順風満帆じゃないのです。

私が好きになった時のメンバーだったら、過去にいじめられていたり、夢に破れ挫折を味わっていたり、引きこもりだったり。

そんな過去をライブの途中「独白」として大勢のお客さんの前でメンバー、一人一人が時間を作って話し出すのです。

さらには過去だけでなく、今メンバー同士で起きてる不仲も包み隠さない。

アイドルなら隠すような過去や現在の闇をさらけ出し前に進んでいく、それを曲にもしてリリースしているのです。

過去や現在の闇なんて、普通の人でも大勢の前で話す事ができる人は少ないですし、アイドルならもちろん前代未聞です。

しかし、この出来事が衝撃を与えファンをどんどん獲得していくのです。

曲がかっこいいのはもちろんですが、そんな過去に共感した人や、そんな中でも突き進んでいく生き様に心動かされるものがあります。

そりゃそうです。

王道のアイドルのようにいつもキラキラした成功者なんてほんの僅かです。

ほとんどの人達が失敗したり、挫折を味わったり、隠しておきたい過去があります。
そんな人達にでんぱ組は突き刺さるのです。
そして、同じような状況を経験してなお突き進んでいくでんぱ組を応援したくなり、エネルギーを送るのです。
そして「自分もこのまま終われない、でんぱ組みたいに前に向かって進まなくては。」と曲を聞いたりライブに行ったりしてエネルギーをもらうのです。

そんな私もエネルギーを貰っている一人です。

落語家もどんな辛い過去や失敗があっても、笑いに変えていかなくていけない。
それを聴いてお客さんが「優々はアホやなぁ」と笑って貰えたら僕はそれがエネルギーになります。
いつかでんぱ組が私の落語で笑って貰えたらと思っています。

ちなみに私はセンターの古川未鈴ちゃん推しです。

桂優々オススメのアルバム

広告

感想をお聞かせください。

元気の源は人それぞれ。優々さんの元気の源はアイドル「でんぱ組」から貰っていたんですね。
皆さんの元気の源を教えてください。

優々さん出演落語会『旬々亭』が9月20日に開催されます。ぜひお越しください。

画像クリックで拡大できます。