スポンサーリンク

鎌ヶ谷スタジアム観戦記~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

マグナム小林
スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズファンのマグナム小林先生。しかし今回はファイターズのファームに。お気に入りのスタジアムから見る野球を綴っていただきました。マグナム先生ほどの野球ファンになると、二軍の試合も見逃せません。

マグナム小林先生の鋭い観察眼が今回も光っています。バイオリン漫談家による野球談議、今回もお楽しみください!

鎌ヶ谷スタジアム観戦記

私はマリーンズファンだけど、ファイターズのファームがある鎌ヶ谷スタジアムには毎年に2、3度は見に行ってる。家からそんなに遠くない事もあるし、静かにゆっくり野球を見られるので、ここでの観戦は好きだ。

ファンサービスにも熱心なので子供も連れて行く。子供たちも二軍から野球観戦をスタートさせた。選手と同じく(笑)。平日、学校や幼稚園が休みの時に連れて行くと他に子供がいないので、マスコットのカビーとも遊び放題。勝利者インタビューをやらせて貰った事もある。相手は今はマリーンズにいる岡だった。

私が鎌ヶ谷に行くきっかけは、元ロッテの名ショート水上善雄さんとお話させて頂く機会があり、その後、水上さんがファイターズの二軍のコーチ、監督をされるようになったので。試合後にお話させて頂く事もあった。
当時、陽が二軍で燻っていて、ある日、いつも守ってたショートからセンターへ回された。その事を水上さんに聞いたら、水上さんは陽の素質を見込んでショートで育てたかったようだが、周りの意見でセンター転向が決まった事を話して下さった。その時の悔しそうな表情が今でも忘れられない。
当時は中田も二軍にいて水上さんが特にかわいがっていた。楽しそうに中田とLINEしてたなあ。中田がライトポールにライナーで直撃したホームランを見た事がある。左打者では見るけど、右打者では初めて。凄い選手になると思った。

今年はコロナのせいで本来ならあるはずのファンサービスがなく、子供たちはつまらなかったみたい。
でも、お客さんは沢山いたし、シーンとして見ているので私には最高の環境。
シーンとしてるので普通の会話も球場中に丸聞こえ。
斎藤佑樹が登板する時にかみさんの、「まだ、やってたの!」という声に、球場中の目が集まってしまった(笑)。

ファイターズで目立った選手は、まずは二軍の三冠王、樋口龍之介。この日は2三振だったけど、スイングは鋭く、なるほど三冠王だけの事はあると思った。ちょうどその日に支配下登録され、翌日には一軍で先発出場していた。一軍の投手の球に慣れれば必ず活躍出来る。
投手では長谷川凌汰。彼も育成だが、ほとんどストレートだけで2回を抑えた。あのおかわり中村を詰まらせたのだから大したもの。変化球でストライクが取れるようになれば、クローザーも夢ではない。
もう一人、地元千葉期待の成田高校出身の捕手田宮。この日はレフトにホームランを打ち、打力も上がってきた。肩も強いし、一軍の正捕手争いに来年は割って入りそう。

斎藤佑樹に関してはコメントのしようがないな。正直のところ、これが見納めかなと思った。
肩と股関節の可動域が狭く、ギクシャクしたフォームになってる。
高校からそのままプロに入ってれば、こんな事にならなかっただろうに。大学に行ったのも彼の意思かどうかは分からないから、彼は責められないけど。育てられなかった早稲田が悪いんだろうな。自分の大学だから言うけど。

この日の対戦相手はライオンズ。残念ながら若手で目立つ選手はいなかったが、二軍調整中のおかわり中村は当たり前の事だけどモノが違った。
大ホームランを打ったけど、他の選手と打球音が違った。破裂音みたいな物凄い音だった。こんな音を聞いたのは大谷くらい。さすがは屈指の長距離打者だ。そして守備もこの日守っていた内野手では一番上手かった。他の選手がポロポロやる中、難しい打球をいくつも捌いてた。さすがである。

両チームとも育成には定評のあるチームだけど、この何年間かは?という感じ。
以前のファイターズなら、清宮や吉田輝、堀なんかはとっくに一本立ちしてるはず。
松本や渡辺も随分、時間がかかった。ライオンズも以前なら、二軍でも素質を感じさせる選手が何人かいたけど、秋山の後釜もいないし、金子や木村を脅かしそうな選手もいない。両チームとも最近、二軍のスタッフの入れ替えが多く、良い指導者がいないのかな。特にライオンズには育成の良き伝統があったはずだけど。
二軍の勝ち負けはあまり関係ないと思うけど、一軍に戦力を供給出来てないのが、今の両チームの一軍の低迷に繋がってると思う。

やはりここは水上さんのような熱い指導者がいないとダメなのかな。今、水上さんは高校生を教えてるけど、プロの指導者として戻ってきてくれないかな。熱い指導者に出てきて欲しい。

感想をお聞かせください

マグナム小林先生の今回のコラムはいかがだったでしょうか?
二軍のうちから注目選手を探すのも、マグナム小林先生の見方の一つなんですね。今後の注目選手の話も出てくるのでしょうか?
皆さんの野球の楽しみ方を教えてください。

マグナム小林師匠はTwitter(https://twitter.com/mag76k)も更新中です。こちらも要チェックです!

執筆者
マグナム小林

昭和46年千葉県千葉市に誕生
平成6年8月、立川談志に入門、平成12年8月上納金未納のため破門。以降、バイオリンエンターテイナーとして活動を開始。擬音ネタや東京節にあわせたなぞかけ、バイオリンとタップダンスをあわせた芸で多くの聴衆を魅了する。落語芸術協会と東京演芸協会に所属。千葉市立千葉高校時代には野球部のキャプテンを務めた。プロレスや競馬にも造詣が深い。

マグナム小林をフォローする
マグナム小林 寄席芸人コラム
スポンサーリンク
マグナム小林をフォローする
寄席つむぎ