»
広告

①ご挨拶~東海道島田宿からお江戸へ:三遊亭遊喜

三遊亭遊喜

▲猫との思い出をお寄せください▲

▲詳しくはバナーをタップ▲

落語芸術協会の真打・三遊亭遊喜師匠が寄席つむぎ初登場です!新宿末廣亭や池袋演芸場など定席だけでなく、各地で地域寄席を開催される等ご活躍中の落語家です。明るくサッパリした高座には定評があり、老若男女問わず笑顔に。

そんな三遊亭遊喜師匠がどのような軌跡をたどってこられたかを、寄席つむぎではご執筆くださいます。大変だったようですよ。さて、どう大変だったのでしょう。お楽しみください!

広告

▲オンラインチケット購入はこちらから▲

▲お問い合わせはこちらから▲

ご挨拶

このたびコラムを担当することになりました 三遊亭遊喜です。

1972年、昭和47年生まれですので第二次ベビーブーム世代の王道とも申しましょうか。

ちょっと振り返っただけでも、世の中が大分変化した世代かも知れません。

1972年から2020年までの主な出来事といえばざっとこんなところです↓

1972年 あさま山荘事件 札幌オリンピック 横井庄一さんグアムで発見

1973年 オイルショック

1976年 ロッキード事件

1981年 スペースシャトル「コロンビア」初飛行東海道島田宿からお江戸へ その1

1986年 チェルノブイリ原発事故

1987年 国鉄民営化JRへ 

1989年 昭和64年(平成元年)昭和から平成へ

1995年 阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件

2001年 アメリカ同時多発テロ

2002年 サッカー日韓wカップ

2008年 リーマンブラザーズ破綻

2011年 東日本大震災

2020年 コロナウイルス蔓延

とらえ方にもよりますが1990年前後にバブルが崩壊したとしますと、よく言われるバブル崩壊後の失われた20年をずっと落語家としてやってきていることになります。

生まれた年には札幌でオリンピックが開催されて、あさま山荘事件があって、戦後何十年もたっての日本兵横井庄一さん発見。

そこから勢いがある日本を見ながら育ち、ようやく社会に出ようとするところでのバブル崩壊とオウム関連事件ですよ。

それはもう拗れて当然です。気が付いたら落語家になってました(笑)。

遊喜の年表

1972年 10月18日 生まれ

1985年 3月 島田第一小学校卒

1988年 3月 島田第一中学校卒

1991年 3月 島田高校卒

1995年 3月 東洋大学卒 4月三遊亭小遊三に入門6月 遊やけで前座

1999年 4月 遊喜で二つ目に昇進

2009年 5月 真打昇進

自分の年表と世の中の出来事とを照らしあわせると、面白いように世間に振り回されてる感じがします。

楽しいキャンパスライフが待ってると思って島田から上京。バブルの余韻が残る中、大学に入学したら貧乏学生は見向きもされず。

気が付いたらバブル崩壊、就職氷河期の方向へ。世間では新興宗教が流行し、よく声をかけられましたよ。

そんな頃にオウム関連事件と阪神淡路大震災が。それもう大変な世の中に。

その最中の入門です。

入門時に師匠に言われたのが (サリン生成するために理系出身の信者を集めていたとの報道を受けて)

「大学で理系専攻なのに落語家になるとは。さてはオウムに入れなかったのか?」

と半分シャレで半分マジで言われたのが未だに鮮明に残ってます。

多分相当怪しいやつだと思われていたのでしょう。

そんな怪しい奴が師匠小遊三の弟子として修業し、まもなく真打昇進かというとう2008年リーマンショックが。

2009年真打に昇進させていただきましたが、それはもういろいろですよ。

真打昇進してから10年たって、さあここからより芸を高めるためにと精進している最中のコロナウイルスです。

ざっとこんな人生ですが、これでも生きてるから自分で自分を褒めてあげたいです。

このコラムではふるさと島田から上京し、時代に流されながらどうやって落語家として生きているのかを、その時の雰囲気に流されながら書いていきたいと思います。

流されまくって原稿も流れるかもしれませんがご期待ください。

広告

ご感想をお寄せください

三遊亭遊喜師匠のコラムのご感想をお寄せください。あの時はどうだったのか、静岡県と東京都の違いはどう?など質問も大歓迎です。これからも伸び続ける若手真打の三遊亭遊喜師匠に、ご期待ください!

三遊亭遊喜師匠はTwitter(https://twitter.com/sanyuuteiyuuki)も随時更新中です。こちらも要チェックです。