プロレス

笑福亭仁嬌

プロレスに名言はつきもの!週刊ファイトの井上編集長の名言とは?~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスとはいったい何なのか?それを端的に表した言葉があるとのこと。それは、今は亡き『週刊ファイト』井上編集長の言葉。50年来のプロレスファン・笑福亭仁嬌師匠をうならせるものだったのだそう。その言葉とは…。 笑福亭仁嬌師匠のプロレス...
笑福亭仁嬌

タイトルやあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスで「タイトル」といえば、タイトルマッチのこと。チャンピオンと挑戦者による対戦です。これにより新しいチャンピオンが誕生するかもしれない、いやいやチャンピオンは不動だと、ファンも選手も高揚感が増すもの。 笑福亭仁嬌師匠も同じく高...
笑福亭仁嬌

入場曲やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

落語家は高座に上がる際に「出囃子」がありますよね。プロレスも同じく入場曲でリングに上がります。笑福亭仁嬌師匠はプロレスの入場曲にも、多くの思い出があるようです。リングの彩りの一つ入場曲。音楽を耳にすると、あの頃がありありと思いだされます。...
笑福亭仁嬌

宿屋町やあ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

プロレスを愛し続け50年の笑福亭仁嬌師匠。その笑福亭仁嬌師匠がプロレスを交えた落語をされていたとのこと。それは長い長い『東の旅』の帰り道『宿屋町』なのだそう。さて、どのようにプロレスを交えたのでしょうか。 これはぜひとも聞きたいです...
笑福亭仁嬌

プロレスはドキドキやあ~落語とプロレスの話:笑福亭仁嬌

現在はコンプライアンスが厳しくなり、テレビ番組でもイベントでも無茶ができなくなっています。多くの人が楽しめる反面、突き抜けた楽しみが減ってしまっている印象も受けます。 50年来のプロレス愛好家の笑福亭仁嬌師匠は、最近のプロレスを観て...
笑福亭仁嬌

ウォリアーズやあ~落語とプロレスの話:笑福亭仁嬌

かつてのスター選手の訃報。それは50年来のプロレス愛好家である笑福亭仁嬌師匠の胸を痛ませるものでした。そのスター選手とは、アニマル・ウォリアー。彼の輝いていた日々を振り返り、死を悼みます。 あの日のアニマル・ウォリアーの雄姿を瞼の裏...
笑福亭仁嬌

ニックネームやあ ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

キャラクター付けするためにニックネームをつけることがあります。プロレスラーにもバラエティー豊かなニックネーム、二つ名があるよう。あなたはいくつ知っていますか? 落語家のニックネームといえば、極楽座に旅立たれた桂文紅師が「エチオピアの...
笑福亭仁嬌

必殺技やあ~落語とプロレス~笑福亭仁嬌

プロレスは相手からの技を受けた上で、耐えて耐えて反撃をする。人生哲学にも通じるプロレスには、技がたくさんあります。その中でも「必殺技」と呼ばれるものは最上級の技といえるでしょう。 その必殺技について、笑福亭仁嬌師匠につづっていただき...
笑福亭仁嬌

反則を楽しむ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

上方落語界でプロレスマニアといえば、笑福亭仁嬌師匠です。小学6年生のころにお母さんから贈ってもらった誕生日プレゼントは秋田書店『プロレス入門』。今も大切に笑福亭仁嬌師匠が持っておられるこの本には、実は続刊が出ていたそう。 今回は『続...
笑福亭仁嬌

白黒テレビとプロレス入門~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

落語家にプロレスファンは多いのですが、その中でも笑福亭仁嬌師匠は50年以上にわたるプロレス愛好家です。上方演芸界で「プロレスファンといえば?」と質問をしたら、恐らく一番に名前が挙がるほど。 その仁嬌師匠にプロレスとの出会いを振り返っ...
広告