« »
広告

ニックネームやあ ~落語とプロレス:笑福亭仁嬌

笑福亭仁嬌

キャラクター付けするためにニックネームをつけることがあります。プロレスラーにもバラエティー豊かなニックネーム、二つ名があるよう。あなたはいくつ知っていますか?

落語家のニックネームといえば、極楽座に旅立たれた桂文紅師が「エチオピアの煙突掃除」だったことを思い出します。

さて、このコラムの執筆者の笑福亭仁嬌師匠にニックネームを付けるとしたら?お楽しみください!

広告

ニックネームやあ

将棋界では藤井聡太七段が棋聖と王位のタイトルを獲得し八段に昇格したことが大いに話題となった。

藤井聡太二冠は早くから「天才」とニックネームされていた。棋聖戦で戦った渡辺明三冠のニックネームは「魔王」である。余りの強さゆえにつけられたのであろう。

プロレスファンは「魔王」と聞いてすぐに連想するのはザ・デストロイヤーである。デストロイヤーのニックネームは言わずと知れた「白覆面の魔王」である。子供の頃テレビで見ていたデストロイヤーは怖かったー。

リングアナウンサーから「ザ・デストロイヤー」とコールされても腕を組んだまま微動だにせず相手レスラーを睨み付けている。こわー。必殺足四の字固めで相手がギブアップしても技を解かない。こわー。

相手レスラーはすねの痛みに耐えきれず手でマットを叩き続けている。こわー。まさに「白覆面の魔王」がピッタリのレスラーであった。怖かったー。

ただしバラエティー番組「うわさのチャンネル」に出るようになりそのイメージは大いに変わった。変わりすぎた。

歌手の和田アキ子にハリ扇で叩かれたりコミカルな動きで笑いを取るデストロイヤーはコメディアンのようで、初めて見たときは信じられず、デストロイヤーは二人いると思ったくらいである。わたいの中ではこれで「白覆面の魔王」ではなくなってしまった。ずっと「魔王」でいてほしかったと当時のわたいは思った。

覆面レスラーで大ブームを巻き起こしたのはミル・マスカラスである。入場テーマ曲「スカイハイ」が流れると会場は歓声で爆発した。マスカラスのニックネームは試合毎にマスクを変えるので「千の顔を持つ男」や華麗な雰囲気から「仮面貴族」などと呼ばれた。

プロレス関係者やプロレス記者が付けると思うが実にうまいことそのレスラーの特徴を捉えている。

ブルーノ―・サンマルチノ 「人間発電所」

どうです?「人間発電所」ですよ。すごいですねー。人並み外れた怪力とスタミナでそう呼ばれたんであろう。

ヘイスタック・カルホーン 「お化けカボチャ」

身長 185センチ 体重 273キログラム よう肥えてるからやけど「お化けカボチャ」て。

なんでカボチャになったんやろ。

ルー・テーズ 「鉄人」

936連勝したとされるNWA世界ヘビー級チャンピオン

フリッツ・フォン・エリック 「鉄の爪」

必殺技のアイアンクローからやけど爪が鉄な訳がない。けど納得。こめかみをわしづかみにして出血さすんやからなあ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 133147-1024x1024.png

フレッド・ブラッシー 「吸血鬼」

得意技が噛みつき。当然反則やけどよく噛みついていた。ヤスリで歯を研いでいたが入れ歯だったとか。

アブドラ・ザ・ブッチャー 「呪術師」

なんや訳の分からん呪文のような言葉を発しながら技を掛けるのと、ステテコのようなコスチュームから

ボボ・ブラジル 「黒い魔人」

必殺のジャンピング・ヘット・バッドは「アイアン・ヘッド・バット」「ココ・バット」と称される。

わたいは今も黒人ナンバー1レスラーはこの人だと思っている。全盛期は誠に風格があった。

後年渡された花束をムシャムシャ食べるパフォーマンスは残念であった。

アンドレ・ザ・ジャイアント 「大巨人」「人間山脈」

身長223センチやから「大巨人」は分かりやすい。

プリモ・カルネラ 「動くアルプス」

身長205センチ アルプスが動くかあ すげー

スタン・ハンセン 「不沈艦」

いかにも沈まない戦艦

ブルーザー・ブロディ 「超獣」

本当はインテリだが髪の毛ボウボウ、ヒゲボウボウで獣のような風貌

日本人レスラーでは

ジャイアント馬場さん 「東洋の巨人」

アントニオ猪木 「燃える闘魂」

坂口征二 「世界の荒鷲」

長州力 「革命戦士」

ザ・グレート・カブキ 「東洋の神秘」

マサ斎藤 「獄門鬼」

ジャンボ鶴田 「怪物」

若い頃は「若きエース」と呼ばれていたが無類のスタミナと強さで「怪物」となる

本間朋晃 「みんなのこけし」

かわいいニックネームやなあ。コーナーポストからこけしが落ちるようなダイビングヘッドバットで会場を沸かしている。

噺家にもニックネームがあったらおもろいやろなあ。わたいは「世界の恐妻家 笑福亭仁嬌」

なんでやねん。

広告

ご感想をお寄せください

笑福亭仁嬌 師匠のコラムのご感想をお寄せください。次はこんなテーマで書いてほしいというリクエストもあれば嬉しいです。

50年以上にわたるプロレス愛、この熱い想いを共に感じましょう!

仁嬌師匠への応援メッセージは、寄席つむぎまでお寄せください。責任をもってお届けします。