« »
広告

2021年プロ野球順位予想~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

マグナム小林

長い冬がそろそろ終わりを迎えようとしています。
暖かくなったら始まるのはプロ野球ですね。
今年はどんなドラマを見せてくれるのでしょうか!?
そんな期待を膨らませつつ、野球通であるマグナム小林先生が今年の順位予想をしてくれました。

広告

2021年プロ野球順位予想

恐らく評論家の優勝予想はセ・リーグは巨人か阪神、パ・リーグはソフトバンクと馬鹿でも分かる予想をするのだろう。
正直私もセは普通にやれば阪神が優勝すると思う。
でも、それでは面白くない。今年のキーワードは優勝経験のあるチームの復活だと思う。

パ・リーグから行くと、投手力は確かにソフトバンクが群を抜いてる。
しかし打線に関してはそんなにソフトバンクがいいとは思わない。
去年の前半も中村、柳田の二人で何とかなっていたようなもの。今年も若手が育ってない。
そこに付け入る隙があると思う。
ソフトバンク投手陣に対抗できる打力を持ってるのは西武と楽天だろう。

楽天はご存知の通り大補強をしたが、このチームは毎年終盤に失速する。
これはチームの体質なのか。
戦力的に見ても、涌井、岸、田中とベテランが多いので通年働けるかは疑問。
則本と松井が通年頑張れるかにかかってると思う。

西武は昨年の後半は投打が噛み合い本当に強かった。あれだけ離れていたロッテにあと一歩まで迫った。
投手力、特にリリーフ陣が決まったので今年もそれが続けば打力があるし、優勝経験もあるので優勝の可能性が高まる。

台風の目は毎年言ってるけどオリックス。
山本、山岡、田島の三本柱が強力な上今年は宮城や増井が加わるので、リリーフ陣が固まれば他チームはかなり脅威だと思う。

セ・リーグはオープン戦絶好調だった阪神。
ただこういうチームはシーズンが始まると途端に打てなくなる事が多い。
藤浪が開幕で躓く事があれば、出遅れもあり得る。本
来なら中日を推したかったのだが、オープン戦での投手陣の仕上がりが悪いので評価を下げた。

本命は広島。
去年の課題だった投手陣がかなり整備された。
大瀬良、九里、森下の三本柱が強力だし、抑えも新人栗林で決まりそう。
打線はもともと力があるし、優勝経験もあるので私は今年はカープはやると思う。

中日は優勝には予想しなかったが台風の目になりそう。
調子次第だが大野、福谷、柳の三本柱は強力だしリリーフもしっかりしてる。
打線次第では優勝も狙える。

さて順位予想は、

パ・リーグは、埼玉西武、福岡ソフトバンク、オリックス、東北楽天、北海道日本ハム、千葉ロッテ。

ロッテの最下位は、優勝するためのおまじない(笑)。

セ・リーグは、広島、中日、阪神、巨人、東京ヤクルト、DeNA。