« »
広告

シゴロク引退~鉄道写真:桂小梅

桂小梅
第2回寄席つむぎ落語会 8月16日(月)in門戸寄席 J:SPACE

▲ご予約おまちしています▲

▲1週間のアーカイブ付きです▲

▲お問い合わせはこちらから▲

思い出に残るものとの別れ。それはいくつになっても物寂しいものです。桂小梅さんもそんな別れたあったのだそう。その別れとは、SL北びわこ号C56型160号機との別れ。別れの時、桂小梅さんは……。

列車は走ってこそ輝きます。桂小梅さんが目に焼き付けたSL北びわこ号C56型160号機の最後の命の輝き、一緒に感じてください。

広告

シゴロク引退

山々の新緑が少し濃くなった頃、ある蒸気機関車が引退しました。

それは北陸本線始発駅の米原から木ノ本までを走る『SL北びわこ号』を主に牽引していたC56型(愛称ポニー)のラストナンバー160号機です。

高校卒業と同時に撮り鉄も卒業したうちの師匠が、20年ぶりに撮影したのがこのシゴロクで、撮り鉄に復帰するキッカケを与えてくれた思い出深いSLだそうです。

僕は3歳ぐらいの時から見ており、圧倒的な存在感と大きな汽笛の音にビックリして、泣きながらお漏らしした事も。

C56160が引退したのは5月6日で、JR西日本の粋な?語呂合わせです。

当日の津和野機関庫周辺には、別れを惜しむ全国の鉄道ファンが大集結。

職員さんが「ありがとう」と書かれたヘッドマークを取り付けたのも、これまた粋な演出で、シゴロクの大きな長〜い汽笛がポォーーーッ、四方八方の山々や津和野の町中に鳴り響きました。

もう二度と此処で逢うことはないであろう・・・この日、僕が漏らしたのは嗚咽でした。 

2018年 5月撮影 SLありがとうC56号 山口線津和野駅構内