広告

新人王は誰だ!~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

マグナム小林

▲お問い合わせはこちらから▲

▲たくさんのお越しをお待ちしています▲

日本野球機構から野球選手に贈られる選手表彰の一つ「最優秀新人賞」。通称は「新人王」です。プロになってから5年以内の選手しかエントリーされません。選考はプロ野球を担当し5年以上の記者なのだそう。

気になる今年の新人王を、野球をこよなく愛するマグナム小林先生が予想してくださりました。さて、マグナム小林先生なら誰を選ぶのでしょうか?一緒に予想してみてくださいね。

広告

新人王は誰だ!

昨年は、水上と大勢が新人王を獲得したけど、新人王の有資格者だけでも、パ・リーグでは、阿部、大関、柳町、上川畑、セ・リーグに至っては高橋宏、西純、木澤、湯浅、長岡など、いつもの年なら新人王になってもおかしくない成績の選手が多くいた。

今年も新人を含めて有資格者には逸材が多い。今年の新人王を予想してみたい。

パ・リーグの本命は、ちょっと奇をてらってると言われるかもしれないが、マリーンズの中森。去年は、二軍で大器の片りんを見せたが、故障でほとんど投げられなかった。一軍に来れば、佐々木朗希とまでは言わないが、故障さえしなければ、高橋宏、西純クラスの活躍を出来る力は持ってる。

対抗としては、イーグルスの新人、小孫。社会人出身の実力派で、先発、リリーフどちらでもいけるだろう。何度も指名漏れして悔しい思いをしてきただけに、それを晴らす活躍をしそう。

穴としては、同じイーグルスの松井友飛。二軍で圧倒的な成績を残してるだけに、一軍の水に慣れれば、二桁いけるかも。

大穴としてはマリーンズの西川。まずレギュラーを獲る事が前提だが、常時出場すれば、去年の山口くらいの数字は残せると思う。

セ・リーグの本命は、スワローズの吉村。振り子投法という特殊な投げ方をするが、社会人時代の実績はあるので、二桁勝利もいけるだろう。

対抗はドラゴンズの村松。この人の為に阿部を放出したと言っても過言ではないくらいの期待がかかってる。他のチームに比べてレギュラーへのハードルは低いので活躍の可能性は高い。

穴はカープの河野。同じチームの益田、長谷部も候補ではあるが、一番安定感のある投手なので、先発、リリーフどちらでもいけそうだけに活躍の場は多い。

大穴はベイスターズの小園。去年は体力強化に終始したが、今年は実戦でも投げるだろうし、ローテーションに入るだけの力は備わってると思うので、早めに出てくるようならチャンスはあると思う。

今年は新人ではセ・リーグに逸材が多そうなので、ここに名前が出てない選手でも新人王は大いにあり得ると思う。

更新の励みになります。ご支援のほどをよろしくお願いいたします