広告

2024年のマリーンズ~マグナム小林の二死満塁:マグナム小林

マグナム小林

▲お問い合わせはこちらから▲

▲たくさんのお越しをお待ちしています▲

今年も大盛り上がりだったプロ野球。セ・リーグは何と言っても36年ぶりの「アレ」だった阪神タイガース。でも、千葉県出身千葉県在住のマグナム小林先生にとって千葉ロッテマリーンズが、最も熱かったよう。

そのマグナム小林先生が、来年の千葉ロッテマリーンズを予想しました。来年の千葉ロッテマリーンズからも目が離せません!

広告

2024年のマリーンズ

今年のマリーンズは、よくぞ2位になったというのが正直な感想。戦力的に見たら、少なくともホークスやイーグルスの方が上だと思うし、それこそ岡田監督が言うように、それらのチームが普通にやっていたら、マリーンズより上にいただろう。逆に言えばマリーンズは精一杯やっての2位なので、現状ではバファローズに追いつけ追い越せとは簡単に言えない。

ただ、マリーンズに伸びしろがないわけではない。伸び悩んでる若手が数字を残せるようになればまだまだ上にいけるし、強さが持続可能になると思う。他チームではあるが、今年はファイターズの万波やドラゴンズの細川のようにブレイクした選手もいる。彼らくらいの数字を山口や安田、藤原は残せる可能性は大いにある。今の彼らの成績では、胸を張ってレギュラーとはとても言えない。今年は我慢して貰えたが、他に数字を残せる選手がいれば、そちらを使われても不思議ではない。それが、ソトや上田である。それにいつまでも荻野や角中がスタメンで出ていてはいけない。彼らにフル出場を求めるのは酷な話だから。

今の戦力のままなら、ポランコやソトに頼らざるを得ないし、彼らにフル出場して貰わないと厳しい。いずれにしろ、来年は安田や山口、そして中村がレギュラー安泰でないのは確か。それなりの数字を残さないと控えに回る可能性は高い。

投手陣は今年はよく頑張ったと思う。特に移籍組はよく頑張った。ただ、横山以外に若手の台頭がなかったのは寂しかった。

心配なのは、益田の後釜。年齢的にフルシーズン働くのは年々厳しくなってる。現状で日本人でなれそうなのは岩下か横山だろうが、まだ少し時間がかかる。ここも外国人頼みになるだろう。

先発投手陣は、佐々木、小島、種市、西野、メルセデス(残留?)までは、頭数は揃ってるし、マリーンズの一番の長所だと思う。美馬の衰えと故障者が出た時のカバーがいないので、今年出て来られなかった菊地あたりに期待したい。

来年の予想オーダーと希望オーダーを出しておきたい。

予想オーダーは、

8和田  

4藤岡

3ソト

DHポランコ

7山口

9岡

5安田

2田村

6友杉

希望オーダーは、

8藤原

4藤岡

7山口

DHポランコ(ソト)

3安田

2佐藤

5上田

6友杉

9和田

来年、ブレイクそうなのは友杉かなと思ってる。井端のような選手になって欲しい。

更新の励みになります。ご支援のほどをよろしくお願いいたします