«
広告

【取材記事】第165回国分寺ギー寄席は親戚の会!

おはる
第2回寄席つむぎ落語会 8月16日(月)in門戸寄席 J:SPACE

▲ご予約おまちしています▲

▲1週間のアーカイブ付きです▲

▲お問い合わせはこちらから▲

昼間は汗ばむ季節になってきた6月の土曜日。1か月ぶりの開催となった国分寺ギー寄席は、三遊亭遊喜師匠とフレッシュな二ツ目さんお2人が登場しました。
今回出演された3名はある共通点があるんです。一体どんな会になったのでしょうか…?お楽しみください!

広告

第165回国分寺ギー寄席は親戚の会!

5月は緊急事態宣言により中止。

一ヶ月ぶりの開催となりました。

今回のゲストは、三遊亭遊子さんと三遊亭遊七さん。

遊喜師匠も含めて、みなさん「三遊亭」の亭号と「遊」の字を持っていますね。

なんとこの3名は三遊亭遊三師匠を大師匠とする系譜を持っているんです!

図にするとこのような形になります。

親戚の会ともいえる今回の国分寺ギー寄席、一体どんな会になったのでしょうか?

最初に登場したのは、三遊亭遊七さん。国分寺ギー寄席は初めての出演です!

昨年4月に二ツ目に昇進したばかりですが、コロナウイルスの影響で高座に上がる機会も少なくなってしまいました…。

国分寺の近くにお住まいの遊七さん。国分寺ギー寄席はずっと憧れの落語会だったそうで嬉しそうな様子でした。

遊三門下では一番芸歴の浅い遊七さん。

季節の節目には小遊三師匠宅へ門下全員が集まることもあるそうです。体育会系な門下で、遊七さんはお酒を注いだりお酒を注いだりと大忙し(笑)!

小遊三師匠の猫にさえ敬語を使うそうで、そんな会合の際に起きたハプニングのエピソードが語られます…。

若旦那の妄想が楽しい『湯屋番』を演じます。

次に高座へ上がったのは三遊亭遊子さん。

高校生のとき、通学に国分寺駅を利用していたという遊子さん。近年の再開発により綺麗になった街並みに驚きの様子でした。

遊子さんといえば今年3月に放送された「オールスター感謝祭」を思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なんと遊子さんは番組の名物コーナー、ミニマラソンで優勝されたことで一躍話題になったんです。本人曰く「日本一空気の読めない芸人のレッテルを貼られてしまった」とのことです(笑)。

優勝の商品はなんとレモンサワー1年分!致死量とも言えるレモンサワーを各寄席や芸人さんに配ったそうです。遊七さんの師匠である遊之介師匠は大のお酒好き。レモンサワーを送ろうとしたら「望むところだよ」と意気揚々とした様子だったとのエピソードが繰り広げられます。

他のお弟子さんと芸歴に間が空きますが、遊三師匠の直弟子にあたる遊子さん。実は遊喜師匠は甥にあたる関係性なんです。

遊三門下が集まる際のエピソードといえば、わざと上座に座らせられて他の師匠方にニヤニヤされたことがあるとのことでした。

勢いある啖呵が心地いい『大工調べ』を演じます。

仲入りを挟んで、最後は三遊亭遊喜師匠が登場です。

東京都は緊急事態宣言下でしたが、今回の国分寺ギー寄席は大入満員!「このご時世にいらっしゃる方に悪い方はいません!」と嬉しそうな様子です。

この国分寺ギー寄席はたくさんの若手の芸人さんがネタおろしや長い演目に挑戦できる会とのこと。今回出演された2人にエールを送ります。

昨年の寄席休業中に起きた家での出来事や遊喜師匠のYoutubeチャンネルの話題へ。

遊喜師匠は勘違いがおもしろい『蒟蒻問答』を演じます。

広告

国分寺に由縁のある遊三門下の会になりました!

あっという間にお開きです。今回は国分寺に由縁のある遊三門下のあたたかな会になりました。
次回も今から楽しみです!

そしてなんと!
前回出演された三遊亭小とりさんがデザインされた「稽古中livecaféへ」がSUZURIにて販売されています。

会場であるgieeでは、落語会の他にも音楽のライブや展覧会、映画の上映など様々なイベントが行われています!
gieeのHPはこちら

次回「第166回国分寺ギー寄席」
2021年7月10日(土)
開場:12:30 開演:13:00
木戸銭:1200円+ドリンク代
出演:三遊亭遊喜、他

ぜひ落語を楽しみに国分寺にいらしてみませんか?