« »
広告

はじめてのNMB48劇場~露の眞のアイドル愛:露の眞

露の眞

▲お問い合わせはこちらから▲

▲猫好きの、猫好きによる、猫のための落語会▲

お待たせしました。露の眞さんのアイドル愛のコラムです。
今回は初めてNMB48劇場に行った時の思い出と共に、初心者でも最大に楽しめる楽しみ方を教えて頂きました。
初めての劇場公演で、彼女は何を感じ何を得て来たのか・・・
眞さんの成長も併せてお楽しみください。

広告

はじめてのNMB48劇場

2019年4月にコンサートに行きまくり、ついに劇場公演に踏み出す時がきました。

NMB48は難波に劇場があり(上方落語でいうたら繁昌亭みたいな感じかしら。いや違うかな?)、そこで公演をしてはります。

チームN・M・BⅡ各公演、研究生公演、難波愛公演と様々。

せっかく同じ大阪拠点やねんから劇場公演にも行くっきゃない!

劇場公演はなんといっても距離の近さが魅力です。ほんまに繁昌亭くらいの広さ。なんでも繁昌亭で比喩してしまうのは悪い癖ですね…。

それもあって倍率もすごいです。何度か応募しましたがなかなか当選しません。

何度も繰り返し、ついに「当選メール」がきました。あまりに嬉しさにプリントアウトしちゃったくらい。

その初めて当選した公演は…『山本彩プロデュース・夢は逃げない公演』!

さや姉が当時の研究生のためにプロデュースした神公演です。人生初めての公演がこの公演で良かったなと思います。

さぁて、これも例によって入り方を事前に徹底的に調べました。

変な行動して悪目立ちしたくないのです(女子トイレに入ろうとして注意されてしまったけど)。プライベートの時は極力目立ちたくない性分なもので…。

距離が近い事もあり、入り方はコンサートよりも少し複雑です。

こちらの動画で丁寧にレクチャーしてくれてますのでチェックしてみてください⬇⬇

【解説】NMB48劇場公演へ行ってみた!

飛行機に乗る前のチェックに近いかな?

でも慣れたらどうって事ないです!

幸い、当日はお顔を存じ上げてる方がいてはり色々教えて頂けてドキドキも緩和しました。

開場までは整理番号順に近くの階段で待つんですが、そこに入るとたくさんの方々が今か今かと開場を待っておられます。

【女性アイドルヲタ=男性ばかり】と思われがちですがそんな事はない!女性も多いし、年齢層も様々です。フレンドリーな方も多くて居心地良いです。

そういえばNMBファンの方々がある落語会に来てくださった際、噺家内で「感じの良い方ばかりですね」と話題になりました。劇場公演で培われてらっしゃるので観劇マナーがすこぶる良く、盛り上げ上手!ほんに「ファンは推しの鏡」ですね。

さて話は戻って、手荷物検査→金属探知機とスムーズに無事入場しいよいよ会場の中へ。

劇場公演は自由席です。

私は何も考えずに「トイレ行きやすいし(頻尿)、この辺でええわ」と前から4列目の端に着席しました。

さぁ開演を迎えて驚きました。

近すぎる!!

オープニングの曲が「僕以外の誰か」(NMB48、作詞・秋元康、作曲・Carlo K/Akira Sunset)

※Amazonリンク

激しいダンスにヒシヒシと気迫を感じ、圧巻でした。一曲目で心が鷲掴みに!

私はかなり前の席やったので息づかいも聞こえるし、普通に目が合うんです。照れちゃうくらい。その近さが体験できる動画はこちらです(VRがなくても指で動かせます!)↓↓

VRでNMB48を体感!劇場公演を最前列センター席からVRで撮ってみた (渋谷チームM 誰かのために公演「月見草」) / NMB48[公式]

(「月見草」AKB48・チームA、作詞・秋元康、作曲・後藤次利)

ね、めっちゃ近いでしょ!

メンバーの方々はお客様の反応をしっかりみながら全力パフォーマンス。ダンスも歌もMCもまさに全力。当然ながら手を抜く人なんて誰もいない!

キャパや動員数など関係なく、【目の前のお客様】に喜んで頂けるよう全力で務める!これはどの業界も、根本は同じですね。

己の話になりますが、お客様ゼロの現場を何度か経験した事があります。私が落語始めた途端に誰もいなくなりました。

初めてゼロ人を経験したウブな眞は、高座後にエンエン泣きました。しかしその後、ある方に声をかけられたんです。「誰もいなかったのにがんばってたねえ。あなたのファンになった」と。その会場の清掃員の方でした。誰もいないと思っていたけど、それをどこかから見てくれてた方がいたんです。

それからは心にいつも留めております、どんな場所でも位置でも全力で!

NMBのライブに足を運ぶようになって、ほんに噺家として初心を思い出す事が多いです。ついつい忘れそうになる熱さが甦ってきます。

NMB劇場は客席の雰囲気も良いし、すごく楽しいです!私が初めて入った公演は、今グラビア等で活躍中の横野すみれさん(6期生)の初公演デビューの日やったんです。客席からは「すーちゃんおめでとう!!」という大きな声援がありました。

また、杉浦琴音さん(ドラフト3期生)の一時休養発表もありました。(その後、復帰して活躍中!良かった!)。その時も「琴ちゃん、待ってるよ~!!」と温かい声援。ほんに素敵すぎます。自分もその場にいるからヒシヒシと客席の温かさが伝わってくる。やっぱりライブって最高です。

またNMBはお笑い要素もあり、MCも面白い!公演によっては大喜利があったりします。今はコロナでお客を入れての劇場公演は開催しておりませんが、再開した時にはまた通うぞ。

みなさまも再開の折りには是非足を運んでみてくださいませ!一度観たら世界が変わると思います。

しかし、ひとつ悩み事があります。

それは…目が合ったり、手を振ってもらった時にどうしたら良いのかわからんのです!

困り果てた私は目をそらす、真顔、隠れる…と挙動不審行動を連発してしまいます。 一度、手を振ってくれたのに超絶真顔で見つめてしまった事がありました。小川結夏ちゃん(6期生)、ごめんなさい。あなたの笑顔が眩しすぎたのよ。

これは複雑な心境で…。

近くでは観たいけど、私は見られたくない。「露の眞」はみられたいけど「プライベートな自分」は極力見られたくない……でもちょっとは見て欲しい(めんどくさい)。この気持ち、わかってくださる方いませんか?

そして初めての劇場公演。

最後の最後でやっちまった。

劇場公演は公演後に「お見送り」があります。終演後にメンバーの方が舞台から降りてきてくれて、お客は一列に並びその前を通って会場を出るんです。立ち止まって喋る事はできないけど、少しだけなら話せる。

この「お見送り」は辞退して先に帰る事もできるんですが、私はタイミングを逃し参加する事になってしまったのです!

……ここまで読んでくださったのならもう想像はつくでしょう。

その日の晩は吐くほど呑んだ事だけお伝えしておきます。

余談ですが山本彩さんのファンクラブライブでも、この「お見送り」がありました。彩様の眼球に私が一瞬でも映ってしまうなんて…でも近くで拝見してみたいと意を決して参加。ハイ、当然ながら大・大・大パニック。

結局私は前の人に隠れて近づき、通りすぎる瞬間「す、好きです!」とわけわからん声で告げて走って逃げました。

字面だけなら立派な変質者だよ。

広告

感想をお聞かせください。

眞さんの初めてのNMB公演はいかがだったでしょうか?
皆さんのエピソードもございましたら、感想と添えてお聞かせください。

露の眞さんはTwitter(https://twitter.com/makorin1379)も随意更新中。こちらも要チェックです!