« »
広告

⑥羽光的人生肯定論~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光

2021年5月に真打昇進が決定している笑福亭羽光さんと三遊亭小笑さん。今回は芸歴が近いからこそ生まれるお二人の思い出をつづっていただいています。
タイトルにもある「人生肯定論」とはどういうことでしょうか?様々な経験をされてきた笑福亭羽光さんならではの人生の頑張り方は必見です!

広告

羽光的人生肯定論

「人生って…何なんでっしゃろな~?」

僕は少し先輩の三遊亭小笑兄さんと飲むといつもこんな事を言って恰好つけているそうだ。小笑兄さんは(また始まった)とおもいつつ、ヘラヘラして僕に話を合わせてくれる。

笑福亭羽光さん提供、無断転載禁止

二人で東北に仕事で行った時、タバコを吸いに野外に出た小笑兄さんの横で星空を眺めながら、僕はしみじみと「宇宙ってどこまで広がってまんねんやろな~」と言ったそうだ。

飲む時は、恰好をつけて自己満足に浸りたくなる……という僕の欲望を小笑兄さんは満たしてくれる。

 中学の同級生の小笑兄さんと鯉八兄さんは、よく2人で飲むらしいが、鯉八兄さんは「お前中学の倶楽部でこうだったよな~」と過去の話ばかりするそうだ。

そんな鯉八兄さんのノスタルジックな気分を小笑兄さんは(はいはい、また始まった)と思いながら満たしてあげるそうだ。

つまり小笑兄さんは天性の幇間持ちの才能があり、一緒に飲む人を気持ちよくさせてくれる。

 年とると酒を飲んで人生を語りたくなる。後輩に「俺らの時はこうやったんやで」と聞かれもしないのに前座時代の話や、お笑い時代、漫画原作者だった頃の話をする。

多分、僕は、自分の人生を肯定したいのだ。

誰しも恥の多い人生をおくるだろうし、本当にあの時のあの選択は正しかったのだろうか?……と迷いながらも人生を進行させ、老いていく。

老人が昔話を孫にするのも、会社の上司が部下に過去を語るのも、結局自分の人生を肯定するためにそんな話をするのだろう。

小笑は他人のどんな人生も否定せず、ヘラヘラとやさしく相槌をうちながら、適度に褒めてくれる。そうすると、ああ僕の生きてきた道は正しかったんや。明日も頑張ろうと思える。

笑福亭羽光さん提供、無断転載禁止

広告

ご感想をお寄せください

笑福亭羽光さんへのご感想をお寄せください。ご自身の挫折経験も少し思い出してみませんか?この挫折があったからこそ今があると思えるようなった時、笑福亭羽光さんのように一歩前進しているかも知れません。

笑福亭羽光さんはTwitter(https://twitter.com/syoufukuteiukou)も日々更新中。こちらもチェックしてみてくださいね。

執筆者
笑福亭羽光

昭和47年、大阪府高槻市に誕生
平成10年、4人組ユニット「爆裂Q」・漫画原作者「のぞむよしお」として活動開始
平成19年3月「爆裂Q」解散、4月に笑福亭鶴光へ入門
平成23年5月、二つ目昇進
令和2年5月、真打昇進予定
お笑い芸人と漫画原作者といった異色の経歴を生かし、型にはまらない高座が特徴。滔々と不思議な世界を語り、聞く者を非日常に誘う。
平成25年3月「第12回さがみはら若手落語家選手権」で優勝したのを皮切りに、平成25年9月 「第24回北とぴあ若手落語家競演会 」大賞、平成30年12月 「2018年渋谷らくご創作大賞」、令和2年11月 「2020年度NHK新人落語大賞」と数々の賞を受賞している。
寄席つむぎ運営管理責任者のふじかわは、中学校の後輩。

笑福亭羽光をフォローする
笑福亭羽光
シェアする
笑福亭羽光をフォローする
広告
寄席つむぎ