« »
広告

⑤解離性脳動脈瘤の原因はオナニーだった~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光

▲お問い合わせはこちらから▲

▲猫好きの、猫好きによる、猫のための落語会▲

昨年の冬に大病を患われた笑福亭羽光さん。その原因について考察していただきました。さてはて、医学的にこのような原因はあるのでしょうか?

大好評!笑福亭羽光さんのSF的エッセイ、第5回の公開です。お楽しみください。

広告

解離性脳動脈瘤の原因はオナニーだった

2019年冬、とある旅先の旅館で、僕は差し入れられた日本酒を飲んだ。

ミニボトルだった事、口当たりよくおいしかった事もあり、一本飲んで床についた。翌朝頭がぼーっとして身体が火照った様に感じ鼓動が早かった。日課であるオナニーをした。

絶頂に達しかけた時、右クビと後頭部の間がピキッと音がしたような気がした。しかしその日は何事もなく一日過ごした。その翌朝、起床と同時に激しい頭痛に襲われた。

頭痛は四六時中続き、夜寝がえりうつのも苦しかった。

旅から帰り、すぐ病院に行きCTスキャンをとったが、問題は見られなかった。

医者は「肩こりだろう」と告げ首の牽引を勧めた。

オブラートにつつんで、医者に「あの~性的興奮によって頭痛は起こりますか?」と聞くと呆れられ相手にしてくれなかった。僕は命に係わると判断し、初老の医師と数人の美人看護師を前にして告白した。

「実はオナニーしている時に後頭部がピキッといったんですが」

医師も看護師も僕が落語家である事を知ってるので、笑いをとろうとしていると思ったようで、とりあってくれなかった。

更に大きな病院に行きMRIをとり、脳の血管が破裂している事が判った。そく車いすに乗せられ点滴され、入院となった。病名は解離性脳動脈瘤。

年末年始と入院した。やはり体調に関しては自分を信じるべきである。

退院後、初めて会った芸人はねづっちだった。

日本酒飲んでオナニーした話を聞いてねづっちは、「これが本当のマス酒ですね」と言った。

「入院中も羽光さんオナニーしたんでしょ」と聞くねづっちに「生き死にがかかってんねん!オナニーなんかするかいな!」と答えると、ねづっちはこう言った。

「なるほど、まさに生死(精子)をかけたわけですね」

終わり

広告

ご感想をお寄せください

笑福亭羽光さんへのご感想をお寄せください。ご自身の挫折経験も少し思い出してみませんか?この挫折があったからこそ今があると思えるようなった時、笑福亭羽光さんのように一歩前進しているかも知れません。

笑福亭羽光さんはTwitter(https://twitter.com/syoufukuteiukou)も日々更新中。こちらもチェックしてみてくださいね。