笑福亭羽光の記事一覧│寄席つむぎ

笑福亭羽光の記事一覧│寄席つむぎ 笑福亭羽光

笑福亭羽光/落語家(落語芸術協会 所属)

昭和47年9月24日、大阪府高槻市で誕生
平成10年、4人組ユニット「爆裂Q」・漫画原作者「のぞむよしお」として活動開始
平成19年3月「爆裂Q」解散、4月に笑福亭鶴光へ入門
平成23年5月、二つ目昇進
令和3年5月、真打昇進
お笑い芸人と漫画原作者といった異色の経歴を生かし、型にはまらない高座が特徴。滔々と不思議な世界を語り、聞く者を非日常に誘う。
平成25年3月「第12回さがみはら若手落語家選手権」で優勝したのを皮切りに、平成25年9月 「第24回北とぴあ若手落語家競演会 」大賞、平成30年12月 「2018年渋谷らくご創作大賞」、令和2年11月 「2020年度NHK新人落語大賞」と数々の賞を受賞している。寄席つむぎ代表のふじかわは、中学校の後輩。

お問い合わせはこちら

笑福亭羽光

中島敦『山月記』を元に落語を作る~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

文学に造詣が深い笑福亭羽光師匠が、新たなネタを書き上げられたのだそう。そのきっかけになったのは、中島敦著『山月記』とのこと。さて、笑福亭羽光師匠は『山月記』からどのようなインスピレーションを受けたのでしょうか。 あなたの『山月記』か...
イベント情報

【お知らせ】門戸寄席で鶴光一門ウィーク?里光師匠、羽光師匠、茶光さんの会が開催!

普段は東京で活躍をされている笑福亭里光師匠・笑福亭羽光師匠・笑福亭茶光さんが、兵庫県西宮市の門戸寄席の落語会に出演されます。実はお三方とも関西出身。里光師匠は西宮市、羽光師匠は高槻市、茶光さんは豊中市で育ちました。 東京で修業をされ...
イベント情報

【お知らせ】最大3時間の飲み放題付!イノベーション落語会 in相模原市~はしもと落語会#22

神奈川県相模原市を中心に活動をされている「はしもと落語会」から、お知らせが届きました。落語とイタリアンとワインを融合させたイベントを行うとのこと。その名も「イノベーション落語会」です。 4月29日(月・祝)13時開演で、出演は笑福亭...
広告
笑福亭羽光

コンプラに配慮して『仔猫』やってみた~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

コンプライアンスに厳しい昨今、価値観の変化の速さについていけない人も少なくないのではないでしょうか。一昔前のことでも「古い」とされ、現代の価値観に合わないことも。江戸時代や明治時代の風景を描く落語も漏れなく、コンプライアンスの波に飲み込ま...
笑福亭羽光

弟子の楽屋入りで僕は一七年前を回想する~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

2月12日に無事初高座を終えた、笑福亭羽光師匠の一番弟子である笑福亭羽太郎さん。多くの方にエールを贈られ、次なる修行は楽屋入りです。 弟子の楽屋入りで笑福亭羽光師匠は、ご自身が楽屋入りをしたころを思い出したのだそう。脳裏に駆け巡る日...
笑福亭羽光

末廣亭2回目の主任興行~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光師匠が、人生2度目の末廣亭主任を務められるとのこと。今回はこの2回目の主任興行について思いをつづっていただきました。「○○しなければいけない」は実は大事なこと? 真摯に取り組む笑福亭羽光師匠の姿から、学ぶものがたくさんある...
笑福亭羽光

弟子が来た~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

ついに、笑福亭羽光師匠にお弟子さんができたのだそう。さて、どのようなシチュエーションでお弟子さんは弟子入り志願をされたのでしょうか。その時の様子を、羽光師匠ご自身につづっていただきました。 このお弟子さんの初高座も決まっており、今か...
笑福亭羽光

中国蘇州に行ってきた 後編~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

今年の秋、笑福亭羽光師匠は昔昔亭A太郎師匠と中国蘇州に公演で赴いたのだそう。出国まで色々とあったのは、前編をご覧ください。 さて、現地ではどんなことが起きたのでしょうか。笑福亭羽光師匠の中国漫遊記(?)、お楽しみください。 中...
笑福亭羽光

中国蘇州に行ってきた 前編~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光師匠が海外公演をされてきたとのこと。昔昔亭A太郎師匠とご一緒だったよう。場所は中華人民共和国江蘇州蘇州市。日本でもなじみ深い上海の近くにあります。 近いようで遠い国・中国で羽光師匠とA太郎師匠の旅が、淡々と進むわけがありま...
イベント情報

【お知らせ】緊急告知!!笑福亭羽光独演会 in八王子市 はしもと落語会出張番外編

普段は神奈川県相模原市で開催されているはしもと落語会。10月27日は東京都で公演を行います。出演はお馴染みの笑福亭羽光師匠です。桑都テラスの大広間で開催されるとのこと。とても雰囲気のある会場で繰り広げられる羽光師匠の落語、今からワクワクが...