« »
広告

㉕緊急事態宣言延長 真打披露興行延期~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光

▲お問い合わせはこちらから▲

▲猫好きの、猫好きによる、猫のための落語会▲
つむぎチュン
つむぎチュン

今年5月に真打披露興行の予定だった笑福亭羽光師匠。しかし、緊急事態宣言発出により延期に。延期になったことで、新聞社2社からインタビューを受けておられましたが、悲壮感を出されず淡々とされておられました。

さて、淡々とされていたものの、本心は…。

気持ちを切り替えて6月11日からの真打披露興行を楽しみにしましょう!

広告

緊急事態宣言延長 真打披露興行延期

緊急事態宣言により、映画館や娯楽施設、そして寄席演芸場の開催に注目が集まった。

二転三転したのち、5月12日から寄席は席数50%で再開した。再開された浅草演芸ホールの初日、客席は30人位。席数は300以上あるので、ガラガラ。

普段の平日の昼の寄席の雰囲気である。道を歩くよりディスタンスをとっているし、かなり安全である。入口から入る時に、取材にきていたTVレポーターに、客と間違えられてインタビューされた。

僕達の真打披露興行は6月11日からに延期された。興行内容もほぼ同じに顔付けする予定である。

マスコミからは、コロナに翻弄されたかわいそうな真打……とみられているようだが、あまり感想は無い。普通の真打は披露興行で、「よし!今日から真打だ!」という気分のリセットがるようだが、僕らは知らない間に真打になっていた……という気分だ。大晦日に寝てしまい起きたら年明けていた時のような気分である。

6月11日は、感染者数は少しは減るだろうが、今とあまり変わらない状況だと思われる。ただ本来披露興行を開催する予定だったゴールデンウィークと比べて平日だから少し客足は遠のくと思われる。

春に真打になる心づもりだったのが、夏に真打になる……という認識に変わってきた。

口演予定だった、春の噺『貧乏花見』の台本を引き出しに入れ、『青菜』『ちりとてちん』という夏の噺を覚えなおそう。そして夏の着物をタンスからだしておこう。

広告

羽光師匠がインタビュー受けた新聞記事

営業継続から一転、東京の演芸場がついに休業 「娯楽は本当に不要不急なのか?」寄席芸人たちの心境|まいどなニュース
365日開いているからこそ、ふらりと立ち寄れるのが魅力の演芸場。緊急事態宣言の発出後も営業を続け、各所で物議を醸していました。しかし、国からの2度目の要請により落語協会・落語芸術協会・東京寄席組合、そして演芸場を所有する永谷商事が協議...
寄席休業…3日前に真打ち昇進披露延期となった三遊亭小笑、春風亭昇々、春風亭昇吉、笑福亭羽光の心境は
 緊急事態宣言で寄席が休業となり、1日スタートだった真打ち昇進披露興行が6月11日初日に延期された新真打ちの三遊亭小笑(40)、春風亭昇々(36)、春風亭昇吉(41)、笑福亭羽光(48)が心境を語った