笑福亭羽光

どうやら50歳まで生きられそう~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光師匠は昭和47年生まれ。今年50歳を迎えられます。人生100年時代の折り返し地点ですね。この折り返し地点を迎えるにあたり、感じられたことがあるのだそう。それは…。 今回も笑福亭羽光師匠の独特の感性が光ります。じっくりお読み...
マグナム小林

球数制限大反対~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

甲子園球場で開催されている、熱戦が続く第104回全国高校野球選手権。ここ最近、投手が何人も控えていることにお気づきでしょうか。ひと昔前は一人のエースが投げ切ることが多かったですよね。マグナム小林先生はこのことについて、こう考えておられるの...
取材記事

第90回北野田駅前寄席~駅直結!喬介師匠の魅力たっぷりの落語会

大阪・難波駅より南海電鉄(高野線・急行電車)で所要約20分、和歌山方面に南下したところにある北野田駅。一ヶ所のみの改札を出て道なりに左側に進むと、アミナス北野田というビルにつながる通路に出る。 そのビルの3階にある堺市立東...
広告
笑福亭羽光

かつて珍来という店が尾久にあり僕らは落語会した~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

落語家の仕事場は演芸場だけではありません。公民館や時には料理屋も会場になります。専用の会場でない分、手作りの温かみがあり思い出に残りやすいものです。笑福亭羽光師匠にも思い出に残る会場があるのだそう。振り返っていただきました。 笑福亭...
取材記事

【取材記事】第86回ヨセゲー「怪談噺の会」レポート

本の街・神保町にある「らくごカフェ」。らくごカフェでは毎日、落語にまつわる様々なイベントが開催されています。「ヨセゲー」もそのひとつ。毎月、三遊亭遊喜師匠・春風亭伝枝師匠・柳亭芝楽師匠・笑福亭里光師匠を中心としたメンバーが集結、様々なテー...
マグナム小林

熱戦続きだった高校野球 千葉県大会~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

現在開催中の第104回全国高等学校野球大会。日本全国から都道府県の代表選手が日々熱戦を繰り広げています。ここに至るまでの地方大会でも熱戦続きだったのだそう。千葉県出身千葉県在住のマグナム小林先生は、千葉県大会に注目をされました。とても良い...
取材記事

【取材記事】『マグナム小林のバイオリン&タップvol.2 with奈保』レポート

西池袋にあるライブ・バー「Sunny Spot」。今回、『マグナム小林のバイオリン&タップvol.2 with奈保』が行われるということで、行ってまいりました!今年1月に、同じくSunny Spotで行われた『マグナム小林のバ...
笑福亭羽光

相談出来ない老人と新興宗教~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

安倍元首相が暗殺され、にわかに注目されるようになったカルト宗教。自分はこんなものに引っ掛からないと思っていても、案外身近にあるものです。笑福亭羽光師匠もそう感じることがあったのだそう。詐欺にも思えるカルト宗教の勧誘に引っ掛かる人は、あるこ...
桂三実

後輩に稽古~名古屋から大阪にやって来ました:桂三実

桂三実さんの野望をつづるエッセイ、『名古屋から大阪にやって来ました』。今回の野望は「後輩に稽古」なのだそう。でも、稽古をつけられるほど上手になりたい、というわけではないと桂三実さんは言います。さて、真の目的は? この野望が叶う日が訪...
マグナム小林

どうした外国人選手!~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

今年のプロ野球も、残りあと2カ月ほど。様々な試合を観戦し、マグナム小林先生は気になっていることがあるのだそう。それは外国人選手の不振です。その原因についてマグナム小林先生に分析していただきました。 あなたはどう考えますか?プロ野球を...
広告