桂枝女太

㉖なつかしの師匠の仕事~師匠五代目桂文枝と歩んだ道:桂枝女太

落語家の仕事は、高座に上がることだけではありません。若手のころはアルバイトに励み、ベテランになっても落語だけという方は少ないとか。それは上方落語四天王の一人、五代目桂文枝師匠も例外ではありません。あんな仕事、こんな仕事をされたのだそう。 ...
運営からの連絡帳

ご寄付(投げ銭)のご報告(2021年6月1日~2022年5月31日)

浄財を有難うございます 2021年6月1日:A.K様 1000円 2021年6月1日:O.A様 500円 2021年6月1日:Y.Y様 1000円 2021年6月1日:O.K様 3000円 2021年6月2日...
運営からの連絡帳

2周年のお礼とご報告:寄席つむぎ代表 ふじかわ陽子

2020年6月1日からスタートした寄席つむぎは、本日をもちまして3年目に突入いたします。あっという間の2年間でした。 ひとえに原稿をご執筆してくださる芸人さんと、それを楽しんでくださる読者さんのおかげです。本当に有難うございます。 ...
広告
マグナム小林

白井球審を通じ「主審とは何か?」を考える~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林

野球を語る上で忘れてはならない存在が「球審」です。特にキャッチャーの後ろに控え、ピッチャーが投げる球の判定をする「主審」は試合を左右する存在。今回はマグナム小林先生に、この「主審」についてつづっていただきました。 自身も野球経験者だ...
笑福亭里光

前座とタバコ~上方落語家、東京で修業する:笑福亭里光

最近は半袖で過ごせる日も増えて、夏が近づいていることを感じる日々ですね。今回も笑福亭里光師匠に前座修行についてのエピソードをつづっていただいています! 今回は新宿末廣亭で起きた夏の事件があったみたいです。夏の前座さんといえば何を思い...
桂三実

名びらで歓声~名古屋から大阪にやって来ました:桂三実

桂三実さんに寄席つむぎでは「夢」をつづっていただいています。今回の夢は、名びらをめくるだけで歓声が上がること。有名人と交際するより現実的な夢です。この桂三実さんの夢が叶うよう、寄席つむぎは応援していきたいと考えています。 桂三実さん...
桂三若

老人ホーム奇譚~噺を肴にもう一杯!:桂三若

桂三若師匠の大爆笑エッセイ第9回の公開です!今回は老人ホームでの出来事にフューチャーしていただきました。お年寄りが穏やかに過ごしている場所だと思いきや、桂三若師匠は色々な出来事を経験されておられるよう。それは…。 今回も抱腹絶倒間違...
笑福亭羽光

あの頃と変わらずブルーハーツは鳴っている~SFと童貞と落語:笑福亭羽光

笑福亭羽光師匠は昭和47年生まれ。青春時代は日本の音楽業界が花盛りの時期でした。数々の名曲が誕生し、今も歌い継がれる楽曲が誕生した時期ですね。笑福亭羽光師匠も影響を受けたバンドがあるのだそう。それはTHE BLUE HEARTS。さて、ど...
三遊亭遊喜

⑪部長になっちゃった~東海道島田宿からお江戸へ:三遊亭遊喜

三遊亭遊喜師匠による青春グラフィティ、第11回の公開です! 東洋大学落語研究会に入部された三遊亭遊喜。寄席通いの楽しみを知り、キャンパスライフは充実していきます。2年生に進級し、新入部員を受け入れる側になった時、さあ困った。それは…...
イベント情報

月亭天使さん主催「大阪のおんな~五月号」5月13日(金)開催!聞かせる落語を目指して!

皆さんは「大阪のおんな」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?様々な方が浮かんでくる中、月亭天使さんが出した答えは「瑚璉尼これんに」。この瑚璉尼の創作落語を聞く会が、5月13日(金)に天満天神繁昌亭で開催されます。 さて、どんな会なの...
広告