広告

寄席つむぎ

落語イコール古典落語?~落語とは何か?:立川わんだ
【主催者レポート】感情を揺さぶる芸術を!笑福亭羽光 年越し落語 2022→2023:本屋しゃん
私が考える侍ジャパン~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林
【取材記事】第91回ヨセゲー「壽与世迎初席」レポート
【お知らせ】三遊亭遊喜師匠が主任に!寄席で整う感覚って?池袋演芸場2月中席後半 夜の部(2月16日~20日)
【お知らせ】大好評につき再演決定!『TRiP ー落語×浮世絵ー』第1回 テーマ:トリップ
破門研究~日常ドキュメンタリー:三遊亭はらしょう
落語に恩返しがしたい!桂三幸師匠や月亭方正師匠がご出演の「落GO!企画」代表、郷進太郎さんにインタビュー
珍来と探偵マーロウ~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
【追悼】⑥大虎を子猫に~林家市楼師匠と共に過ごした日々:ふじかわ陽子
【お知らせ】心弾むひと時を!マグナム小林のバイオリン&タップ with奈保
【お知らせ)はしもと落語会#11 番外編 立川わんだ独演会 in相模原市
落語の定義~落語とは何か?:立川わんだ
小学生が入選!落語と絵本のアニュアーレ2022「はなし画」部門審査発表
2023 期待の若手~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林
お茶くみの大切さ~東海道島田宿からお江戸へ:三遊亭遊喜
【お知らせ】桂三実 三枝作トリビュートの会~家族編~in門戸寄席
【お知らせ】落語だけが演芸じゃない!『芸人魂 vol.3』
ボーイズラブではない~日常ドキュメンタリー:三遊亭はらしょう
㊗笑福亭鶴光師匠の連載が書籍になりました!~幻のあとがき
㊗繁昌亭大賞・奨励賞受賞!笑福亭鉄瓶の会【門戸寄席2周年特別公演】 笑いと感動の落語を
「桂米紫・桂文鹿 ふたりで200席」、遂に最終回!お客さんへ伝えたいメッセージは?
破門である~日常ドキュメンタリー:三遊亭はらしょう
【お知らせ】新春落語と歌謡の会〜さがみはら若手落語家選手権の開催地・橋本を盛り上げよう!
年末年始~SFと童貞と落語:笑福亭羽光
第94回北野田駅前寄席~賑やかな鳴り物が楽しい!笑福亭喬介師匠の魅力たっぷりの会
ボールとバット~マグナム小林の二死満塁!:マグナム小林
【追悼】⑤「オレのオヤジは鹿田佳歩」~林家市楼師匠と共に過ごした日々:ふじかわ陽子
【お知らせ】27世紀の爆笑王が大阪に!わんだ落語@大阪 2023正月 in此花千鳥亭
【お礼】落語で学ぶコンテンツ作成の基本、無事に閉幕~なんで「落語」が関係するの?

🎊笑福亭鶴光師匠の連載が書籍になりました🎊

大幅加筆され、とても読み応えのある一冊です(画像をクリックするとAmazonにジャンプ)
鶴光師匠ご執筆記事とご出演の会の取材記事
イベント情報掲載を希望される方はコチラへ
広告

カテゴリー

上方落語四天王の思い出
お江戸前座修業
インタビュー記事
取材記事
上方の思い出
寄席芸人の想い
寄席芸人の日常
寄席芸人の趣味
イベント情報
執筆者一覧
お気軽に
広告

まいどなニュース

「ふたりで200席」を通じて見えてきた、上方落語の「正解」…桂米紫と桂文鹿の挑戦の先にあったもの(ふじかわ陽子)

「ふたりで200席」を通じて見えてきた、上方落語の「正解」…桂米紫と桂文鹿の挑戦の先にあったもの|まいどなニュース
上方落語といえば、人間国宝の桂米朝師匠をはじめとする上方落語四天王が頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。昭和52年まで続いた落語ブームを牽引し、多くの落語家を育てました。月亭可朝師匠(80歳没)や当代桂文枝師匠(79歳)、笑福亭鶴光師匠…

迎えたばかりの黒猫が迷子に! 捕獲機を貸してもらえる条件は「捕まった猫が、別の猫でも飼うこと」…飼い主の決断は(ふじかわ陽子)

迎えたばかりの黒猫が迷子に! 捕獲機を貸してもらえる条件は「捕まった猫が、別の猫でも飼うこと」…飼い主の決断は|まいどなニュース
大阪府の猫長明(ねこのちょうめい)くんは、オトンが大好きな黒猫。オトンが家事をしていても、電話で話していても、ずっと一緒にいたい。「僕のことだけを見ててほしいねん」と言わんばかりにベタベタ。この長明くんの情熱的な愛情表現に、オトンで落語家の…

「もう女性初はええやろ」繁昌亭大賞に桂二葉…芸歴12年目で過去最速受賞 奨励賞には笑福亭鉄瓶、新人賞には桂三実(ふじかわ陽子)

「もう女性初はええやろ」繁昌亭大賞に桂二葉…芸歴12年目で過去最速受賞 奨励賞には笑福亭鉄瓶、新人賞には桂三実|まいどなニュース
上方落語協会が主催する第17回繁昌亭大賞が12月16日発表されました。厳正なる選考の結果、桂二葉さん(36歳)が大賞を受賞。昨年のNHK新人落語大賞を女性で初めて受賞し、乗りに乗ってる若手のひとりです。わずか芸歴12年目での受賞は例になく、…

「笑点」史上初の女性回答者・蝶花楼桃花 男社会の落語界にも自然体…「いつか座るだけで笑いを取れるお婆ちゃん噺家に」(ふじかわ陽子)

「笑点」史上初の女性回答者・蝶花楼桃花 男社会の落語界にも自然体…「いつか座るだけで笑いを取れるお婆ちゃん噺家に」|まいどなニュース
落語界のプリンセスの呼び声が高い、蝶花楼桃花(41歳)さん。2022年9月には、大人気長寿番組「笑点」の大喜利に、史上初の「女性」回答者として出演を果たして話題となりました。落語界において、女性の人数はまだまだ少なく、“男性社会”が色濃く残…

外部サイトへ移動します
プロフィール
執筆者
寄席つむぎ

運営会社:あど屋
コンテンツ及び求人広告作成、イベント企画、作文指導

寄席つむぎをフォローする
シェアする
寄席つむぎをフォローする
広告
寄席つむぎ